寒冷地でも高い暖房能力を発揮!

写真拡大

富士通ゼネラルは、寒冷地でも高い暖房能力を発揮するエアコンとして、寒冷地「nocria(ノクリア)GN シリーズ」を、2016年7月30日に発売する。

高い暖房能力で暖かく快適な空間を実現するとともに、北欧や北米などの海外の寒冷地で培ったノウハウをもとに、排水がたまちにくい形状のドレンパン(室外機底板)や凍結防止ヒーターの配置箇所の工夫、室外機内部部品の耐久性を高めることなどによって、外気温マイナス25度でも暖房運転を可能にした。

また、寒冷地向け機種特有の機能として、外気温がマイナス15度でも、最高温度55度の高温風を吹き出すと同時に、足元の温度を40度まで暖める「あったかアップ(TM)」機能(ハイパワー運転併用)や、室温の下がりすぎを抑える「10℃暖房」機能、部屋の寒さから家族を見守る「みまもり機能」などを搭載した。

さらに暖房運転時のエアコンは、室外機の熱交換器が付着すると一時的に暖房運転を中止して、熱交換器を温めて霜を溶かす「霜取り運転」を行うほか、「ホットキープ除霜」で、霜取り運転に入る前にあらかじめ強めに暖房して部屋を暖めて、霜取り運転中に室温の低下を抑える。

「フィルター自動おそうじ」や「内部クリーン」、「抗菌・防カビコーティング熱交換器」の清潔機能を搭載。「バックライト付きリモコン」や「音声お知らせ」、スマートフォンとの連携も可能にした、便利機能も充実した。

6〜18畳までの5機種を用意。

オープン価格。