2016年7月20日、岡山市中心部にある大型商業施設「イトーヨーカドー岡山店」が来年2月末をめどに閉店すると、山陽新聞から報じられ、話題となっている。

同店は、1998年11月、複合商業施設・ジョイフルタウン岡山の核テナントとして開業し、直営の食品や衣料品売り場を持っていた。飲食や雑貨、書店などテナントも多く入居しており、岡山市でも有数のショッピング施設として賑わっていた。

山陽新聞のツイッター公式アカウントからは、次のような写真付きのツイートも投稿されている。

「イオンモール岡山が開業した14年12月以降の売り上げ低迷などが理由とみられています」というコメントも添えられている。

ツイッターには早速、このニュースを知った岡山市民から、多くの声が届いているようだ。

「困ったな・・・食料品売り場だけでも残してもらいたい」


「イトーヨーカドー岡山店」(Phronimoiさん撮影、Wikimedia Commonsより)

ツイッターに寄せられた岡山市民の声を見てみよう。

「やはりイオンモールの影響は大きかったか」「確かにイオンに比べたらガラガラだけどさぁ」といった感想だ。2014年12月、300メートルほど離れた場所に開業したイオンモール岡山の影響を指摘する人が多い。

「ココで近くにあるイオンモール岡山との距離を見てみましょう」と、写真付きで投稿してくれた人もいた。確かに......近い。

「イズミヤも無くなるし、どんどん店が無くなってくな」「困ったな・・・食料品売り場だけでも残してもらいたい」「不便になる人も多いと思います」などといった、切実な声も多い。

「イトーヨーカドーは倉敷店も秋に閉めるんじゃなかった?」という指摘もあった。「本当岡山からの追いだされ具合がすごいイトーヨーカドー」という感想も......。

流通大手セブン&アイグループのイトーヨーカ堂は、来年2月までに不採算の全国20店を閉鎖する方針だ。岡山県では、倉敷市にある「アリオ倉敷」内の食品スーパー「イトーヨーカドー食品館倉敷店」が8月末をめどに経営から手を引く。岡山店が閉店すると、岡山県からはイトーヨーカドーが全て姿を消すことになる。