食べやすくなる「冷凍バナナ」の作り方がネット上で大反響!実際に作ってみた

写真拡大 (全9枚)

食べやすくなる「冷凍バナナ」のレシピに注目が集まっています。

食べやすくなる「冷凍バナナ」とは?

今まで「冷凍バナナ」を作る際は、バナナをそのまま凍らせていたゆたか(@yutaka7)さん。

しかし、ネットでバナナをつぶしてから冷凍させると、食べやすくなるということを知ったそうです。

Twitter/@yutaka7

そこで、食べやすくなる「冷凍バナナ」のレシピをイラストにしてTwitterに公開しました。

材料は熟したバナナと、ラップ、フリーザーバッグを用意するだけ!

Twitter/@yutaka7

作り方も簡単で、ラップにバナナを包んだら、あとはつぶして冷凍するだけです!

ツイートには「なるほどー。試してみますかね!」、「今まで凍ったバナナを強引に包丁で刻んでミキサーにかけてました!」といったコメントが寄せられていました。

想像以上のやわらかさ

さっそく、食べやすくなる「冷凍バナナ」のレシピを試してみました。

まずは、熟したバナナとラップ、フリーザーバッグを用意。

お皿の上に、適度な大きさにカットしたラップを敷いたら、皮をむいたバナナをのせます。(※バナナの変色が気になる方は、レモン汁をかけてもOK)

Twitter/@yutaka7

ラップを二つ折りにして、バナナを包みましょう。

次に手のひらを使って、ラップの上からバナナをつぶします。

ラップの形を整えたら、フリーザーバッグにバナナを入れて冷凍するだけ!

バナナが凍ったら、食べやすい「冷凍バナナ」の完成です。

一晩、凍らせた「冷凍バナナ」がコチラ▼

「つぶしただけで、本当に食べやすくなるのかな?」と思いながら試食すると…。

シャクっとした食感で、やわらかくて、とても食べやすいです。

バナナの自然な甘みも、しっかりと味わえます。

ぜひこの夏、食べやすくなる「冷凍バナナ」のレシピを試してみてはいかがでしょうか?

※この記事のツイートと画像はゆたか(@yutaka7)さんの許可を得て掲載しています。