草間彌生のイラストで蘇る童話「人魚姫」日本語版は今秋発売予定

写真拡大

 草間彌生とルイジアナ近代美術館がコラボレーションし、アンデルセンの童話「人魚姫」のイラストレーション版を制作した。 草間彌生が再解釈する「人魚姫」の画像を拡大

 デンマークのルイジアナ近代美術館は、2015年9月から2016年1月にかけて草間彌生の展覧会「IN INFINITY」を開催。展覧会に続く企画として、草間彌生によるイラストレーションを用いたアンデルセン童話「人魚姫」を発表した。全96ページに及ぶ「人魚姫」は、2004年から2007年にかけて草間彌生が発表した「Love Forever」シリーズのほか、新作のイラスト数枚に、物語のナレーションが加えれた。デンマーク語版と英語版が現在販売中で、日本語版は今秋の発売を予定している。■The Little Mermaid by Hans Christian Andersen & Yayoi Kusama: A Fairy Tale of Infinity and Love Forever価格:378デンマーク クローネ(約5,900円)96ページPigment marker and acrylic on canvas, c. 162 x 130 cm / 130 x 162 cm