もっと気軽に「ハブ酒」を楽しんで欲しい!酒造所スタッフの声から生まれたのが、この『琉球ハブボール』。原料はアルコール度数35度の「ハブ源酒」(泡盛・ハブエキス・ハーブ13種類)のお酒をベースに、甘酸味のバランスのいい沖縄県産シークヮーサーの風味をプラスした、爽やかで飲み易いハイボール。

琉球ハブボール

沖縄で古くから飲用されてきたハブ酒だが、南都酒造所の「ハブ酒」は、生きたハブを鮮度がいい状態で特殊製法で処理し、サトウキビからつくった59度のアルコールに浸けて抽出している。丁寧に抽出したハブエキスに、さらに香り高い13種類のハーブ酒(泡盛ベース)をブレンド。ブランデー風味を思わせるような南都酒造所の「ハブ酒」は、シェアNo.1でもあり長年愛され続けている人気商品だ。

容量は350ml(アルミ缶仕様)、アルコール度数は6%。炭酸含入量は3.0ガスvol.(角ハイボール並み)。希望小売価格は沖縄県内価格230円、沖縄県外価格239円(いずれも税抜)。

関連情報

http://www.nantosyuzo.com/habuball/

文/編集部