三菱自動車は、8月11日から(一般公開は12日から)21日までインドネシアで開催されるインドネシア国際オートショーに、SUVの力強さとMPVの多用途性を融合させた、スモールサイズのクロスオーバーMPVコンセプトカーを世界で初披露する。

三菱自動車

このコンセプトカーは、レイアウトの最適化とワイドボディの採用により、MPVとして乗員7名がゆったりくつろげる居住空間を確保。フロントフェースには、人とクルマを守る機能を表現したデザインコンセプト“ダイナミックシールド”を採用している。また、伸びやかでスポーティなボディに、安定感の高さをアピールする大きく張り出した前後フェンダーや高めの地上高など、SUVらしいスタイリングや機能を融合させたクロスオーバーMPVのコンセプトカーとなっている。

関連情報

http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

文/編集部