松下幸之助とハローキティがコラボ? 現代にも通用する『道をひらく』

写真拡大

 “経営の神様”ともいわれる松下幸之助氏のベストセラー本『道をひらく』(PHP研究所)。PHP研究所の創設者でもある松下氏の随想集で、1968年刊行ながら現在も愛読者が増加中。累計発行部数が520万部を突破したという。最近では、『道をひらく』の言葉に癒やされ、励まされている女性が集う「松下幸之助女子会」が結成されるなど、新たな動きも出てきている。そこで、PHP研究所は創設70周年記念として、人気キャラクターであるハローキティとコラボした、特別バージョン本『ハローキティの「道をひらく」』(1,000円)を、7月25日(月)に発売する。

 松下氏の『道をひらく』と『続・道をひらく』の2冊の中から、「縁あって」「志を立てよう」「素直に生きる」「時を待つ心」など、特に若い世代に伝えたいメッセージをより抜き、再編集している。登場するハローキティは、キティちゃんの中でも特に人気の高い「70年代ハローキティ」。

 “2人”のメッセージに、あなたもグッとくるかもしれない。