雲海が臨める「SORA terrace」/画像提供:北志賀竜王

写真拡大

【SORA terrace/女子旅プレス】暑い夏こそ、都会から離れて避暑地で涼しく過ごしたいですよね。長野県北志賀高原の「竜王マウンテンパーク」にある「SORA terrace」は、真夏でも平均気温18度ととても涼しく、幻想的な雲海や満点の星空など現実離れした絶景を楽しむことができる、避暑にもおすすめの観光地。昼と夜で異なる楽しみもあるんです。

【さらに写真を見る】雲海と星空の絶景穴場「SORA terrace」/夜は天然のプラネタリウムのような満点の星空がきらめく

◆雲海から星空まで1日中絶景を堪能


雲海と星空の2つの絶景を楽しめる「SORA terrace」は、2015年8月、パーク内のロープウェイ山頂の急斜面に建てられた2段式テラスで、標高1,770メートルの高さにあり、空に浮かんでいるような気分を味わいながら迫力ある絶景を臨むことができます。

◆高確率で雲海と出会える


一般的に雲海は、天候や気象条件などが揃った時にしか発生しないため、必ずお目にかかれるものではないのですが、「SORA terrace」の雲海の出現率は約60%と比較的高確率。テラスから見下ろす風景はまるで雲の絨毯を眺めているかのような美しさです。

山の麓で天候が崩れている場合でも、山頂は晴れていることが多く、むしろ街が曇りや雨の悪天候な時ほど山頂へたどり着けば雲海を臨めるチャンス。雲海とサンセットとのコラボレーションは訪れた人だけが見られる幻想的な光景です。

◆プラネタリウムのような星空


また「竜王マウンテンパーク」では、2016年9月24日までの毎週土曜日と8月14日(日)、9月18日(日)、「星空ナイトクルーズ」と題して夜間営業を行っています。

標高が高く、空を遮るもののない竜王山頂から見る大パノラマの星空は、天の川の光の帯を肉眼ではっきりと確認できるほど。山頂の反対側にある「SORAterrace」からは長野市・中野市の夜景も臨むことができるので、星空と夜景の両方を楽しめるんです。

◆山頂でゆったりカフェタイム


平均気温18度と涼しく快適な「SORA terrace」では、夏のレジャーを楽しめるだけでなく、併設の「SORA cafe」でこだわりの珈琲や作り立て・焼き立てのオリジナルメニューを味わうことも。

まるで雲海を食べているかのようなふわふわのデザートスフレ「Vanilla Sky」や、厳選豆を使った「SORA珈琲」、地元名産のネマガリダケ入りのクリーミーなスープをパイ生地で包んだ「雲海パイ包みスープ」という地元食材を用いたメニューまで、オリジナリティのあるラインナップが用意されています。

◆「SORA cafe」がBARに変身


さらに「SORA cafe」では、夜だけの限定メニューを味わうことも。信州産ワインを使用したフルーティなホットワインなどの暖かいメニューや、闇夜で光るマジカルコットンキャンディー片手に星空を眺めながら、ゆったりした時間を過ごせます。ただし、夏でも気温が25度を超えることがほぼないので上着の用意は必須です。

世界最大級166人乗りのロープウェイに乗らないと見られない、絶景の穴場スポットで、夏の思い出の1ページを増やしてみませんか?(女子旅プレス/modelpress編集部)

■竜王マウンテンパーク


住所:長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11700
営業期間:2016年5月28日(土)〜11月6日(日)
営業時間:9:00〜19:00
ロープウェイ上り最終乗車:18:40/下り最終乗車:19:00