レンタルiPhoneでポケモンGO

写真拡大

 スマートフォンのゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」が7月22日、ようやく日本でもサービス開始となった。さっそくダウンロードして楽しむ人たちが街を歩いているが、バッテリー消費や通信速度制限が悩ましいという声もあがっている。気兼ねなくポケモンGOを楽しみたい人たちの注目を集めているのが、一般ユーザー向けのお得なiPhoneレンタルサービスだ。

 iPhoneの出張修理サービスを展開するLife Support Lab株式会社は、月額2980円でiPhoneをレンタルでき、壊れても無料で交換可能なサービスを8月中旬に開始すると発表していた。それに先行して、急きょ、ポケモンGO専用のiPhone 5sを月額1480円でレンタルする「iSharing ポケモンGO専用プラン」サービスを開始した。ポケモンGO以外の利用はできず、SIMはセットされていないので別途用意する必要がある。

 同社の河合晴輝代表取締役は、ポケモンGO専用プラン開始の経緯を次のように明かした。

「ポケモンGOが大ブームになっていたアメリカなど海外での評判を調べたところ、バッテリーを消耗させ、通信量の負担も大きいらしいことがわかりました。きっと、仕事メールも受け取るようなメイン機としてではなく、ゲーム専用2台目スマホのニーズが生まれるだろうと考え、通常のレンタルプランとは別に専用プランを先行して始めました。10000mAhモバイルバッテリーとのセットなので、安心して出先でゲームを楽しめます」

 この専用プランが発表されると、わずか3日間で1000件に迫るレンタル申し込みがあった。現在、確認がとれた順にポケモンGO専用iPhone5sがユーザーに発送されている。

 このようなビジネスが成り立つのも、日本が世界で類を見ないほどiPhoneユーザー率が高い国だからだ。2016年1〜3月期のスマホOSシェアをみると、日本ではiOSが56.8%でAndroidが51.7%とiPhoneが優勢であるのに対し、アメリカは31.6%と65.5%、オーストラリアが35.3%と60.1%、フランスで20.0%と74.3%とすべて逆だ(Kantar Worldpanel調べ)。いずれもiOS、つまりiPhoneは少数派の結果が出ている。

「日本はiPhoneのシェアがスマホユーザーのうち約6割と多いのに、画面が割れたままなど壊れても無理して使っているユーザーが多いです。その印象が強いため、iPhoneは壊れやすいと誤解されています。実際には、アップルストアでの修理手続きが煩雑だったり、修理費用が高かったり、バックアップ方法がわからないといった理由で直していないだけです。キャリアの2年縛り契約があると機種変更もしづらいので、2年経つまで我慢している人も。

 そういった煩わしさをなくして、お得に新しいiPhoneを利用できるサービスを提供しようと考えたのが、月額レンタルサービスを始めるきっかけでした。2台目のスマホを持とうと考える人が増えているのでぴったりだと思います。Androidは機種が多すぎるので同じようなサービス提供は難しいですが、同一規格の台数が多いiPhoneユーザーが多い日本だからこそ、可能なサービスだと思います」(前出・河合さん)

 前述のiSharing以外にも、5日間5千円からiPhoneを借りられるGoodモバイルや、1日の基本料金が599円になる株式会社ジャパン・エモーションなど、気になるからゲームはしたいけれど、短期でよいと考える人に向いたサービスがある。

 ポケモンGOを快適に楽しむためのサービスは、iPhoneのレンタル以外にも登場している。ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)が運営する格安SIMサービス「DTI SIM」が、「ポケモンGO」のデータ通信量が1年間無料になる「DTI SIM ノーカウント」を7月18日に発表し、19日から受付を開始した。DTIではスマホレンタルオプションによりiPhoneを利用することもできる。

 iPhoneの新機種が発表されても心踊らされることが少なくなり、格安SIMへの関心も落ち着いた感がある最近だが、ポケモンGOの登場によりユーザーの関心が再び高まっているようだ。