プレーンヨーグルトを温めて食べるだけ! やせる&便秘解消の「ホットヨーグルト」(読者が実際に食べていたホットヨーグルト)

写真拡大

冷たい状態で食べるのが一般的なヨーグルト。テレビ番組で有名人がダイエットに活用してやせたことから、温めて食べる方法が人気になっている。まずはその理由を医学博士の永田孝行先生がわかりやすく解説。

【写真を見る】耐熱容器にヨーグルト100〜120gを入れ、電子レンジで約40秒加熱するだけ!温め過ぎには注意を

【体が冷えないから胃腸の働きも元気に】

「冷たいヨーグルトで体が冷えると内臓の働きが低下して、栄養の吸収が悪くなったり、基礎代謝が低下してしまったりすることがあります。その点、ホットヨーグルトは体を冷やさないので、胃腸にやさしく、カルシウムの吸収率もよくなります。ヨーグルトに豊富な乳酸菌との相乗効果で腸内環境も整い、便秘解消にもさらに力を発揮するでしょう」。ただし、ヨーグルトは温め過ぎると分離しやすいので、人肌より少し高い程度(約40℃)を目安に温めて。

【ホットヨーグルトの作り方】

1.耐熱容器にプレーンヨーグルト100〜120gを入れる。はちみつなどで甘みをプラスしたい場合は、このタイミングで入れてもOK。

2.ラップをかけずに電子レンジで約40秒加熱し、人肌程度の約40℃に温める。レンジから取り出し、スプーンなどで軽くかき混ぜたら完成。

【食べ方のコツ】

・好みでフルーツをトッピング。食物繊維が豊富なフルーツやシリアルなどをトッピングすれば、便秘解消効果がアップ! 加えるのは温める前でもあとでもお好みでOKだが、食感も楽しみたいなら温めたあとにプラスして。

【レタス隊が検証】

筋金入りの便秘が解消しちゃいました!「超頑固な便秘だったのですが、これを始めたら、お通じが自然に毎日ありました。ヨーグルトはよく食べていたので、温めるだけで効果が高まるなんて大衝撃! ポッコリおなかがスッキリし、 1週間で体重-1kg、ウエスト-1.5cmに。(42歳・会社員)

食べ方を変えるだけでやせて、便秘も解消できるなんてうれしい限り。気が向いたときにトライしてみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】