妊婦さんなら知っておくべき! 譲り合いの連鎖を生む5つのマーク

写真拡大

白杖を持った人が歩いていれば“視覚障害者”の方、マタニティマークを付けている方は“妊婦さん”と誰もが知っているマークってありますよね。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

妊娠時に、重いお腹を抱えて電車やバスに乗った時、マークに気づいて優先席を譲ってもらい、ありがたさを実感している人も多いのではないでしょうか。そんなありがたみを経験した人には特に知っておくべきマークが日本にはいくつかあります。

今回はそんな共通するアプローチマークについてご紹介していきます。

ヘルプマーク

あまり耳慣れない人も多い“ヘルプマーク”。平成24年ごろからスタートし始め、まだまだ知らない人も多くいます。

このマークは『義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方』がつけているマーク。見た目は健常者のようでも、周りの人からのサポートを必要としていることを知らせています。

このマークをつけている人は、日常生活はもちろん、突発的なことに臨機応変に対応するのが難しいことも多いので、見かけたら、電車・バスの中では席を譲ったり、声をかけてサポートしたりするといいですね。

聴覚障害者マーク

このチョウチョのマークは『聴覚障害者』の人が車につけるマーク。危険防止のためやむを得ない場合を除き、このマークを付けた車に幅寄せや割り込みなど、無茶なことを行うと、道路交通法の規定により罰せられます。

このマークがついている車を見たら、車間距離をとって運転し、駐車場などは譲ってあげるといいですね。

耳マーク

見た目でも分かりやすいマークで、周りの音の聞こえが不自由なことを表していて、『聴覚障害者』の人がつけるマーク。

見た目では、聴覚障害者は認識されにくいので、「無視された」「無愛想」などと人に誤解されやすい人が多くいます。日本には聴覚障害者は36万人、おおよそ1,000人に1人が聴覚障害者です。高齢によって耳が遠くなった人も加えれば、1000万人ほどになります。

もし、私たちが声をかけても相手からのアプローチがなければ、「聞こえづらいのかな?」と気にかけてあげてみてください。もしかして、このマークをつけているかもしれません。

このマークをつけていたり、提示されたりしたら、筆談やジェスチャーで対応してあげるようにするといいですね。

オストメイトマーク

『人工肛門や人工膀胱を体につけている人(=オストメイト)』の設備があることを表しているマークです。

世の中には、大腸ガンや事故などで、尿管や消化管が損なわれ、人工的に排泄口を腹部につけたオストメイトが、全国に20万人以上います。

オストメイトの人は通常のトイレでは処理が大変なので、このマークがあるトイレを使います。このマークを見かけた場合は、オストメイトの人を優先的に譲るようにするといいですね。

ハート・プラスマーク

目には見えない、『身体内部に障害がある人』を表すマークになります。心臓や腎臓、肝臓 等私たちの臓器は体の中に存在しているため、障害があったとしても周りの人に気づいてもらえないことが多くあります。

内臓に障害を持っている人は、疲れやすかったり、携帯電話のような電波が内臓内に埋め込めてある機会に支障を与えたり、ちょっと歩く事、立っている事が辛かったりします。

このマークをつけている人をみたら、携帯電話の使用は控える、座席を譲る、駐車場を譲る、困っているようであれば声をかけるようにするといいですね。

いかがでしたか。何気なく過ごしている毎日でも、見慣れないマークがあると、どうすればいいのか分からず、結局助けてあげる事もできなくなります。

実際、マークをつけている人を見た後にマークの意味を知って、“あの時席を譲ればよかった”、“怒っているのではなく、困っていたんだ!”と後悔している人も多くいるようです。

妊娠期は、マタニティマークはもちろん、お腹が大きくなるので周りにも分かってもらいやすいですが、中には今回ご紹介したように、外見では分かりづらい障害を持っている人が多くいます。

マークの意味を自らが知り、お子さんや家族で共有して、優しい家族、優しい環境を作っていけるといいですね。