うだるような暑さの夏に美味しく肉丼が食べたいなら、それなりのクオリティが必要だ。ここで紹介する有名店の肉丼は、どれも見た目のインパクトを裏切る繊細な味わいで、なにげにペロリと食べられる。 噛むごとに口内に広がる肉の旨味を堪能せよ!



見た目と味のインパクトにこだわる店主が考案し、リピーターを集めているのがはみでるカルビ丼。¥1,200
肉の旨さが花ひらく圧巻の盛りに注目!
『ICHIYA』の「はみでるカルビ丼」

吉祥寺


「個性派店が多い吉祥寺のなかでもキャラが立っている」と評判の『ICHIYA』には、ダチョウのユッケやカンガルー串など一風変わった肉料理が多数。

中でも人気のカルビ丼は丼一面に敷き詰められた“肉の華”も圧巻だが、軽く炙られたレア状のカルビは後引く旨さで米との相性も抜群。くどさは皆無で女性ファンが多いのもうなずける。



【DATA】
肉量:150g前後
部位:カルビ
必殺タレ:特製醤油ダレ




和牛のサーロインを贅沢に使ったステーキ丼。¥2,100
しなやかな和牛の旨みがストレートに胸を打つ!
『肉 いせや』の「ステーキ丼」

吉祥寺


夜は厳選した和牛のすきやきやしゃぶしゃぶをコースで提供している『肉 いせや』で、ステーキ丼が昼限定のメニューとして人気を集めている。

醤油と酒、みりんでシンプルに味付けをし、ミディアムレアに焼き上げたサーロインは、和牛ならではの上品な旨みと、ほんのり甘い脂のバランスが秀逸。ご褒美ランチとして堪能すれば“口福感”に満たされること間違いなし!



【DATA】
肉量:180g
部位:サーロイン
必殺タレ:あっさり醤油ダレ


焼肉専門店が提案する技アリな肉丼



名古屋のひつまぶしにヒントを得たという、カルまぶし
美味パンチが炸裂するユ“ニーク”丼を堪能!
『炭火焼ホルモン かぶん』の「カルまぶし」

赤坂


「肉の鮮度、カットの技術が抜きん出ている」とホルモンラバーを虜にする赤坂『かぶん』。厚切りカットのハラミや新鮮なホルモンを存分に堪能したあとのお楽しみは、オーナー肝入のカルまぶし。

にんにくと胡麻油の香りが食欲をそそるカルビに、牛、豚、鶏から取った醤油ベースの出汁をかけて食べればパンチのある美味しさに昇天! “肉試合”のトリにふさわしい最強のスタミナ丼だ。



【DATA】
肉量:150g
部位:カルビ
必殺タレ:自家製甘辛ダレ




黒毛和牛のA5ランクの雌牛を使用した和牛あぶりヅケ丼
炙り肉ならではのレアな美味しさが凝縮!
『びーふてい』の「和牛づけ丼」

中目黒


焼肉の激戦区といわれる中目黒で25年以上続く『びーふてい』。扱うのは黒毛和牛のA5ランクの雌のみ。最近は、焼肉店でもブロック肉を売りにする店は少なくないが、こちらの“ガツン焼き”はいわば、極厚カットの元祖だ。

焼肉同様、肉好きのハートにガツンと響く〆のメニューが和牛あぶりヅケ丼。特製の醤油ダレに漬け込み、表面を炙った赤身肉と熱々ごはんをほおばれば、幸せのゴングが心に鳴り響くはず!



【DATA】
肉量:70g
部位:もも
必殺タレ:特製醤油ダレ




自慢の肉にウニを載せた名物丼、芝浦ごはん。¥1,000
夢のような贅沢肉丼は脳天を直撃する旨さ!
『焼肉芝浦』の「芝浦ご飯」

祐天寺


トロ肉3秒あぶりや芝浦ロースなど、名物肉を多数そろえる『焼肉芝浦』。ここで常連が必ずオーダーするのが、肉、ウニ、いくらの豪華競演に胸がときめく芝浦ごはんだ。

部位は日によって替わるが、トモサンカクやリブロースなど旨みとコクのある肉を使用。役者ぞろいのビジュアルにも目を奪われるが、本能を刺激する美味しさは、まさに向かうところ敵なし。ラグジュアリーもとい、 “肉ジュアリー”気分を満喫しよう。



【DATA】
肉量:90g
部位:トモサンカク
必殺タレ:自家製甘口ダレ