22日、北京青年報によると、中国河北省で20日、長城を故意に破壊した49歳の男が公安当局に自首した。

写真拡大

2016年7月22日、北京青年報によると、中国河北省で20日、長城を故意に破壊した49歳の男が公安当局に自首した。

男は今月17日、友人とともに大営盤長城(同省張家口市懐来県)を観光で訪れた際、城壁を蹴るなどして破壊。「決めポーズ」までしてみせる動画をSNSに投稿したところ、ネットユーザーから強烈な批判の声が上がり、国家文物局の命を受けた下部機関が調査に乗り出す事態となった。男はこの動画をネットに投稿することで注目を集めたかったもよう。当局は治安管理処罰法に基づき、10日間の行政拘留処分と罰金500元(約7900円)を言い渡した。(翻訳・編集/野谷)