乳液は「コットンづけ」が顔全体にムダなくつけられる

写真拡大

乳液は何でつけている? 手?コットン? コスメコンシェルジュの小西さやかさんによると「コットン」でつけると効果がアップするそう。

【写真を見る】ポンプタイプのオールインワンなら風呂上がりにすぐ塗れる。なめらか本舗 リンクル保湿液 230ml ¥1,300/サナ

「化粧水で肌に水分を与えた後は、油分を含む乳液でしっかり“フタ”することが大事。そのためにもコットンでつけるのがおすすめです。コットンでつけると肌との接触面が増し、ムラなく塗れて浸透力も高まります」(小西さん)。コツはクルクルとらせんを描きながら押し込むように塗ること。やり方はこちら。

(1)コットンに乳液を五百円玉大ほどつける。

(2)あごからほおに向かって、下から上へとクルクルとらせんを描きながら、押し込むように乳液を塗る。

(3)額は中央からサイド向かって塗っていく。左右ともまんべんなく、額全体に押し込むように塗って。

(4)最後に小鼻や、口もと、目もとなど細かい部分もやさしく押し込むように塗って。

なお、スキンケアの効果を最大に高めたいなら、逃したくないのが「風呂上り“直後”」。

「入浴直後は肌がふやけてバリア機能が壊れた状態。放っておくと水分がどんどん蒸発しますが、逆に化粧品が浸透しやすいときでもあるので、お風呂近くにコスメを置いておいて素早く塗ると効果的ですよ」(小西さん)。脱衣所に置きやすいポンプタイプの保湿剤などを利用して、風呂上りすぐに保湿をすると手間なし潤い肌に。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】