日本にもクラシックカーの祭典はいくつかありますが、2016年8月5日(金)から8月7日(日)までの3日間、国内外の自動車メーカー9社とヘリテージカー専売店19社が一堂に会する、初といえる形態のイベントが開催されます。

1

日本の自動車マーケットを牽引してきた80台を超える往年の名車を展示、紹介するだけでなく、憧れの名車も含め、書籍やグッズなどの販売もする日本初のヘリテージカー・イベントで「オートモビル カウンシル 2016」と命名されています。

テーマは「クラシック・ミーツ・モダン」。各メーカーは自社のヘリテージカーと最新のモデルを同時に展示し、各々のブランドフィロソフィーを語りかけるとともに、クルマの魅力を多くの人々に訴えていくというもの。

日本メーカーでは、今年で生誕50年を迎える「カローラ」の初代モデルと生誕50年記念限定車、スバル新型インプレッサのプロトタイプと、水平対向エンジンの初期型と最新型、本年春のニューヨーク国際自動車ショーに出品されたスポーツカーなどが国内で初めて一般公開されます。

輸入車では、これまでウェブ上でしか見ることのできなかった、本年秋に欧州で発売予定の「ABARTH 124 spider」、レーシングテクノロジーを満載した「VOLVO S60 Polestar」、今年、ジュネーブで公開され話題となった最新モデル「McLaren 570 GT」などが日本初公開となります。なお、自動車メーカーの出展車両は下記のとおり。

■トヨタ自動車  展示テーマ:カローラ生誕50年
(1)初代カローラ (2)TE27 (3)カローラGT (4)カローラ生誕50年 記念限定車

■日産自動車  展示テーマ:日産・プリンスとの融合50年
(1)R380‐1(1=ローマ数字表記) (2)プリンス・スカイラインGT S54A-1型 (3)KPGC10(初代GTR) (4)GTR 17MY

■富士重工業  展示テーマ:ボクサーエンジン50周年
(1)SUBARU1000 (2)新型インプレッサ(プロトタイプ 発表発売前の特別展示) (3)EAエンジン(スバル初の水平対向エンジン) (4)FBエンジン(最新の水平対向エンジン) (5)栄(中島飛行機製航空機エンジン)

■本田技研工業  展示テーマ:マイクロスポーツ
(1)S360 (2)S600 (3)S660

■マツダ  展示テーマ:デザインのヘリテージ
(1)R360クーペ (2)ルーチェREクーペ (3)コスモスポーツ(レストアモデル) (4)サバンナGT(輸出名:サバンナRX-3) (5)ユーノスロードスターなど

■FCAジャパン  展示テーマ:アバルト ヘリテージ
(1)ABARTH 124 spider(国内初公開) (2)ABARTH 595 COMPETIZIONE (3)Fiat Abarth 124 Spider Rally (4)Fiat Abarth 595 Berlina

■ボルボ・カー・ジャパン  展示テーマ:ボルボ スポーツ
(1)P1800 (2)850T5-R (3)S60 Polestar(国内初公開) (4)XC90 T6 AWD R-DESIGN

■McLaren AUTOMOTIVE ASIA PTE LTD.
(1)570GT(国内初公開) (2)F1(ロードカー)

■メルセデス・ベンツ日本
(1)190SL(R121) (2)500SL(R129) (3)SL400(R231)

ほかにも、ヘリテージカー専売店では、世界中の人達のあこがれの名車を展示、販売します。

ヘリテージカーに関連する書籍、モデルカーや玩具、アパレル商品の販売はもちろん、ヘリテージカー・ライフをサポートするオーナーズクラブや各地で開催されているイベントなども紹介。

なお、入場料などの詳細は下記のウェブサイトを参照してください。

・公式Webサイト:Automobile Council 2016(オートモビル カウンシル)

・フェイスブック:Automobile Council(Facebook)

(塚田勝弘)

日本初の名車の祭典「オートモビル カウンシル 2016」を8月5日から幕張メッセで開催(http://clicccar.com/2016/07/23/387782/)