おしゃれで美味しい、イギリス・ロンドンをめぐる4つの楽しみ方

写真拡大

こんにちは! 旅暮らし系ライターの佐野知美です。

今回私が訪れたのは、芸術と文化の街、イギリスのロンドン。中学卒業と同時に渡英し、以後人生の半分以上をイギリスで過ごしているという、イラストレーターの井上希望さんに仕事と街の楽しみ方について、インタビューしてきました!

※井上さんについての詳しい話が知りたい方はこちら

歩くだけで楽しいロンドンの街へようこそ

井上希望(以下、井上):ロンドンを拠点にイラストレーターの仕事をしています。ロンドンの何気ない日常をイラスト化し、ポストカードを作成したり、雑誌や絵本の挿絵を描いたりと活動中です。

知る人ぞ知るおしゃれエリアのカフェ「ローカルヒーロー」で、ひと休み

佐野:たくさんのカフェがある、ロンドン。井上さんのおすすめカフェを教えてください。

井上:アルバイトしていたことが縁で、パーソンズグリーン駅から徒歩10分のカフェ「ローカルヒーロー」のカップイラストとロゴをデザインしたことも。

パーソンズグリーン駅付近は路面店が多く、おしゃれなひとが集う知る人ぞ知るエリア。コーヒーも美味しいので、ぜひ旅の合間にぜひ立ち寄ってみてください。

◯ローカルヒーロー(Local Hero)
[所]640 Fulham Road, London, SW6 5RT
[TEL]+442073487994
[時間]7:30〜17:30
[定休日]不定休
※キングストン駅にも店舗あり
[URL]

テムズ川沿いの王道エリアをゆったり歩こう

佐野:ロンドンの中でも特にお気に入りの場所は?

井上:サザークエリアですね。イラストのインスピレーションを得ることもあります。

ウエストミンスター駅からすぐの世界遺産「ビッグベン」から観覧車「ロンドン・アイ」を通って、テムズ川沿いを歩いて同じく世界遺産のロンドン・ブリッジまで。

道中には大道芸やカフェ、芝生で整備された公園があるので、休みながら「これぞロンドン」という街並みを堪能することができます。

ロンドン観光のハイライトとも言われるこの王道コースは、天気の良い日にゆっくりと歩くのがおすすめ。

毎日どこかで開かれる、ストリート・マーケットを探検♪

佐野:王道以外の観光でおすすめは?

井上:ロンドンはストリート・マーケット天国。毎日街のどこかしらでマーケットが開催されています。

有名なのはノッティング・ヒルの「ポートベロー・マーケット」やショーディッチの「スピタルフィールズ・マーケット」ですが、私がよく訪れるのは、ロンドンフィールド駅周辺で土曜日のみ開催される屋台フード中心の「ブロードウェー・マーケット」。

ストリート・マーケットは見て回るだけで楽しい上に、リーズナブルな食事が多いのでお財布にもやさしい。

イギリスならではの紅茶やアンティークの銀食器、ロンドン観光の風物詩となっているバッキンガム宮殿の衛兵を模した置物など、かわいい雑貨も多く売っているので、ぜひ足を運んでみて

◯ブロードウェー・マーケット(Broadway Market)
[所]London E8 4PH
[時間]9:00-17:00
[開催日]土曜日のみ

イギリスの伝統的な朝ごはんを味わう

佐野:ストリート・マーケット以外でこれは!というイチオシフードはありますか?

井上:イギリスの代表的な朝食である「イングリッシュブレックファスト」。やはり一度はぜひ食べてみていただきたいですね。

卵料理、マッシュルーム、ソーセージ、焼きトマト、ベーコンやベイクドビーンズなどがたっぷり入って、値段は10ポンド前後(1500円)くらいが一般的。

トーストや紅茶またはコーヒーが付いてくる店も多く、ボリュームがあるので散歩の合間にブランチとしてゆっくり食べるのもおすすめです。

佐野:イングリッシュブレックファーストは私も滞在中に何度か食べました。店によって値段や用いる食材が違うんですね。食べ比べも楽しそうです。

井上さん、ありがとうございました。ロンドンの街並みにインスピレーションを受けて創られる作品の数々、これからも楽しみにしています。

井上:ロンドンは十人十色の楽しみ方ができる街。ロンドンっ子の日常を垣間見ながら、心ゆくまで楽しんでみてくださいね。

***

次回はロンドン在住の陶芸家・館林香織さんにお話を伺います。どうぞお楽しみに!

ことりっぷの最新記事