ミッキーもびっくり!? みんなが経験した笑撃「夢の国ハプニング」集

写真拡大

­大人も子どもも夢中になれる、夢のテーマパーク・ディズニーリゾート。キャラクターのグリーティングやアトラクションなど楽しいイベントが盛りだくさんですが、「ミッキーもびっくり!」なハプニングを経験した人もいるのではないでしょうか?

暮らしニスタ編集部がママ100人にアンケートをとったところ、キャストやゲストの思いがけないエピソードが集まりました!
珍しい!?キャラクター・キャストのハプニング
・「2012年のクリスマスでのハプニング。『みんなでベルを鳴らそう』と言っているミッキーがベルを持っていなかった」

­

・「ミートミッキーでミッキーの周りを子どもが走って、ミッキーがこけた。そして一人で起き上がれなくて大変でした。中の人、ご苦労様ですと心の中でつぶやきました」

­

・「水上バイクからカイトを持ったパフォーマーが転落したのを目撃しました」

­

・「高校の修学旅行でディズニーランドに行きました。ミッキーを囲んだ同級生が、ミッキーにこっちを向いて欲しくて耳に手をかけると、スーツの男性2人が現れ、連れていかれてしまいました…。ミッキーに触ってはいけないんですね」

­

・「どこかの中学校の生徒が、ミッキーマウスの頭の部分を取ってしまい、中にいる人が見えたのは衝撃でした。みんなの夢を壊す行動をしてはいけません!」

­

・「びっくりしたミッキーから、思わず『えっ?』という声がもれ聞こえてきた時は、どうしたらいいかわからなかった」

­

・「子どもの頃、ドナルドが猛ダッシュでトイレに駆け込んで行くのを見かけました。きっと我慢できなかったんだろうな…」

­

ディズニーのキャラクターやキャストのパフォーマンスは素晴らしいものですが、たまにはトラブルが起こることも。普段は完璧だからこそ、レアなハプニングかもしれません。
ああ、勘違い…なハプニング
・「ディズニーなのに、子どもがずっとプリキュアのお面をかぶっており、なんだかアウェーだった。」

­

・「友人6人でプチ仮装をしてランドで遊ぼうとなった時、一人だけハローキティーの仮装をしてきた友人。かなり園内で浮いていた」

­

・「ディズニーランドなのにUSJのキャラクターのかぶりものをかぶって行ってしまい、恥ずかしい思いをしたことがあります」

­

・「数年前にTDLに行った時のことです。相当久しぶりに訪れたのですが、キャストに『シンデレラ城ミステリーツアーはやってませんか?』と尋ねたら『8年前に終了しました。』と笑顔で言われ赤っ恥をかきました。」
パレードでのハプニング
・「パレードの最中に、カルガモの親子がパレードの列の中を横断していた」

­

・「キャストの方が規制線を引いているときにくぐって通り抜けてしまったら、『通り抜けないで下さい!』とめちゃめちゃ怒られた。いつもは笑顔のキャストさんですが、あの変貌ぶりが怖かった」

­

・「必死で場所取りをして、長い時間待ったのに、3歳のわが子はパレードが始まるやいなや、まさかの爆睡!」
ハプニングにも…神対応!
・「先日5歳の娘とディズニーランドに行き、ポップコーンを購入しました。喜んだ娘はその直後に走り出し転んでポップコーンを全てこぼしてしまいました。ところがすぐにキャストの方が助けてくださって新しいポップコーンまでくれました」

­

・「途中で大雨に振られ、ミッキーの傘を購入して、お店から出てきて傘を開いた瞬間、突風が吹いて、台風中継のような状態になり傘がめちゃくちゃに壊れて大爆笑。それを見ていたキャストさんが飛んできて、新品のものと無償で交換してくれた。神対応です!」

­

・「ディズニーランドで震災のときに遊んでいたら、ミッキーがお菓子など配ってくれていた」

­

ディズニーでよく噂される「キャストの神対応」。ハプニングが起きてもスマートに対応してくれるのはさすがです!

­

ディズニーリゾートでの非日常の世界が、ゲストに夢を与えてくれます。ハプニングもステキな思い出にしてくれる(?)、そんなところもディズニーの魅力かもしれませんね。

­

文/こばやしつかさ

­