これは……デス・スターの排熱孔に突撃したくなる!

1

日本でミニカーというとトミカが有名ですが、アメリカだとホットウィールなのかな?

ホットウィールは「走り」がいいのが特徴のようですが、これまでもいろいろスペシャルな実車を使って、ジャンプの記録を打ち立てたり、360°ループをやってのけたり、大人、子供を問わず、クルマ好きのハートをつかむチャレンジをしています。

そのホットウィールが、こんどは映画『スター・ウォーズ』のXウィング機をクルマにしちゃいました!

しかも、ただそれっぽい形にしたというだけじゃありません。2リッターのDOHCエンジンを搭載し、APのデュアルピストンキャリパーを装着。そしてカスタムメイドのスリックタイヤを履いて、帝国軍を翻弄し、銀河の平和を守るというのです。

さらにこの1:64のダイキャストカーがホットウィールのラインアップとして、今年の後半に発売されるようです。

まぁ、もともとXウィング機は、平面と直線が多いので、こういう車両としてワンオフ製作してもやりやすそうだし、そもそも雰囲気が出ますよね。

さて、その動画は次のページでどうぞ。

動画を見るにはこちら

見比べてみると「だいぶちがうんじゃないの?」と思っちゃいますが、これはこれでカッコいいなぁ。実車をじっくり見てみたいですね。

(まめ蔵)

スターウォーズの戦闘機「Xウィング」がクルマになっちゃった!?【動画】(http://clicccar.com/2016/07/23/387688/)