<センチュリー21レディス 2日目◇23日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,553ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー「センチュリー21レディス」の2日目は順延となった第1ラウンドと、第2ラウンドが行われ、トータル6アンダーの木戸愛が単独首位に立った。1打差の単独2位には菊地絵理香がつけている。

 昨年覇者のアン・ソンジュ(韓国)が5つ伸ばして、表純子と並び2打差の3位タイ。3打差の5位タイには2週連続優勝を狙う全美貞(韓国)、金田久美子、香妻琴乃、森田遥、青木瀬令奈、O・サタヤ(タイ)らがつけた。アマチュアではシエラ・ブルックス(米国)が13位タイ、勝みなみが39位タイで予選を突破した。
木戸愛(トータル6アンダー単独首位)
「良いも悪いもあった1日でした。ミスは出ましたが、自分自身の状態としては良いので、しっかり前を向いて明日は頑張りたいです。17番は大事な場面でセカンドショットもイメージ通りに打てて、バーディパットもしっかり沈めることができました。明日につながると思います。自分に自信をもってやりたいです」
菊地絵理香(トータル5アンダー単独2位)
「今日は横風が難しかったです。出だしの球を間違えると、良くない位置にボールがボールが止まるので難しかったです。慎重にプレーしました。先週まではラインが読めてなかったので、そこが読み切れれば入ってくれると思っていますし、先週よりは読めているので入ってくれれば」
アン・ソンジュ(トータル4アンダー3位タイ)
「ナイスプレーですが1日が長かったです。後半のホールは朝も回ったし、体力的にきついと思っていました。それでも意外と後半も良くて、久しぶりにいいスコアで回れて楽しかった。結果的にいい位置ですが、優勝は狙ってないです。練習量も多くないですし、体のケアをずっとしてきたので。それでも好きなコースではあります。楽しむことは無理でも1打1打笑ってやりたい」
森田遥(トータル3アンダー5位タイ)
「ショットが良かったです。ここのコースは距離はないので、前に運んでけばチャンスはあると思っていました。綺麗なゴルフではないですが、スコアとしては満足です。あがってみれば、そんなに差はないので、自分のゴルフをしたいですね」
シエラ・ブルックス(トータル2アンダー13位タイ)
「良いプレーができました。何回か短いのを外してしまったので、もう少し獲れたかなとは思いますが、明日まで取っておきます。試合に招待してもらって、とても光栄です。せっかくいただいたチャンスで予選が通過できて幸せです。明日、もう1日良いプレーができるよう頑張ります」
【2日目の順位】
1位:木戸愛(-6)
2位:菊地絵理香(-5)
3位T:アン・ソンジュ(-4)
3位T:表純子(-4)
5位T:飯島茜(-3)
5位T:O・サタヤ(-3)
5位T:金田久美子(-3)
5位T:青木瀬令奈(-3)
5位T:全美貞(-3)
5位T:香妻琴乃(-3)
5位T:森田遥(-3)
<ゴルフ情報ALBA.Net>