表のバッグを担ぐのはプロゴルファーの前田久仁子(撮影:米山聡明)

写真拡大

<センチュリー21レディス 2日目◇23日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,553ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー「センチュリー21レディス」の2日目。5位から出た表純子が5バーディ・3ボギーの“70”をマーク。トータル4アンダーで首位と2打差の3位タイに浮上した。
リゾートトラストレディスでは最終日が中止となって優勝をつかんだ
 通常は夫の広樹さんとのコンビで戦う表だが、今週はプロゴルファーの前田久仁子にバッグを預けている。昨年のサマンサタバサレディースの週に広樹さんの母親が亡くなった時にも前田に担いでもらい、2回目のコンビ結成だ。
 なお、広樹さんは今週吉田弓美子のキャディを務めている。吉田がキャディを探していることを相談され、今週前田が来るから「やってもらえば?」と提案したが先輩プロに担がれることを吉田が拒絶。「じゃあ、久仁子がいいっていえば私のをやってもらって、旦那にやってもらう?って冗談で言ったら“本当に?”って(笑)」。こうして、今週はコース内では“別居”することとなった。
 プレー中に「向こうのスコアが気になります。弓美ちゃんに悪いな、大丈夫かなって」と心配をしてしまうそうだが、今週はプロだけに「気が利く」という前田と息のあったプレーで優勝の狙える位置で最終日へ。5月のリゾートトラストレディスでは2日間の短縮競技になった末に優勝。「できれば、今シーズン、もう一度ちゃんと勝ちます」と話していたが、そのチャンスが巡ってきた。
 今週単独3位に以上に入れば生涯獲得賞金が5億円を突破する。史上23人目の快挙へ、同じコースの中で広樹さんも応援しているはずだ。
【2日目の順位】
1位:木戸愛(-6)
2位:菊地絵理香(-5)
3位T:アン・ソンジュ(-4)
3位T:表純子(-4)
5位T:飯島茜(-3)
5位T:O・サタヤ(-3)
5位T:金田久美子(-3)
5位T:青木瀬令奈(-3)
5位T:全美貞(-3)
5位T:香妻琴乃(-3)
5位T:森田遥(-3)
<ゴルフ情報ALBA.Net>