中盤崩すも首位を死守した木戸 最終日はどんな1日になるか(撮影:米山聡明)

写真拡大

<センチュリー21レディス 2日目◇23日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,553ヤード ・パー72)>
 前日から持ち越しとなった第1ラウンドで6アンダーまで伸ばし単独首位に立った木戸愛。続けて行われた第2ラウンドは出入りの激しいゴルフでスコアを伸ばせなかったが、辛うじて首位の座をキープした。
スタイル抜群!首位の木戸愛らLIVEフォトでリアルタイムチェック!
 前半は好調だった。2番でバーディを先行させると、3番パー5で199ヤードのセカンドショットを3番ユーティリティで1メートルにつけイーグルを奪取。5番でも手前約4メートルのバーディパットをねじ込みガッツポーズ、10アンダーまでスコアを伸ばした。
 しかし、中盤で歯車が狂い始める。次第に強さを増す風に翻弄され、9番、10番と連続ボギーを叩くと11番ではラフからのセカンドショットが「フライヤー気味になってしまって」グリーン奥OB。痛恨のダブルボギーであっという間にこの日の貯金を吐き出すと、続く12番でもボギー。4ホールで5つスコアを落としてしまった。
 それでも、このままスコアを落として終わりかと思われたが、終盤の17番でセカンドショットをベタピンにつけバーディを奪取。なんとかスコアをイーブンに戻しこの日のプレーを終えることができた。
 「17番ではイメージどおりのショットが打てました。明日につながると思います」。途中、気持ちの「コントロールが難しくなりました」と心が折れそうになったが、この17番で希望の火が灯った。
先週の「サマンサタバサガールズコレクション」では1打及ばず2位。4年ぶりとなる悲願のツアー2勝目へ「焦らず、慌てず、諦めず。明日も頑張ります!」。最後まで平常心でプレーができれば、きっと今週は18番グリーンで笑うことができるはずだ。
【2日目の順位】
1位:木戸愛(-6)
2位:菊地絵理香(-5)
3位T:アン・ソンジュ(-4)
3位T:表純子(-4)
5位T:飯島茜(-3)
5位T:O・サタヤ(-3)
5位T:金田久美子(-3)
5位T:青木瀬令奈(-3)
5位T:全美貞(-3)
5位T:香妻琴乃(-3)
5位T:森田遥(-3)
<ゴルフ情報ALBA.Net>