1995年代生まれの女性・張男さんは瀋陽のレストランで食事し、買ったばかりのiPhone6Sをテーブルに置き忘れてしまった。すぐにレストランに戻って探したが、すでに影も形も無くなってしまっていた。

写真拡大

1995年代生まれの女性・張男さんは瀋陽のレストランで食事し、買ったばかりのiPhone6Sをテーブルに置き忘れてしまった。すぐにレストランに戻って探したが、すでに影も形も無くなってしまっていた。設置されていた防犯カメラの映像から、スマホは隣に座っていた中年女性が持ち去ったことがわかった。張男さんはアニメ「名探偵コナン」の事件解決方法を思い出し、見事にスマホを取り戻すことができた。瀋陽晩報が伝えた。

張男さんは「名探偵コナン」の筋金入りのファンで、中学時代から見始め、800話以上ものストーリーを全て欠かさずチェックしている。さらには同じストーリーを何度も見返したのだという。張男さんは「アニメの中で主人公・コナンが使った事件解決方法を参考にした。一番大切なのは慌てずに冷静に問題を整理すること。これが事件解決の糸口になる」と話した。(提供/人民網日本語版・編集/YK)