いつまでもキレイな女性でいるための3つのポイント セレブも愛飲の“たんぽぽコーヒー”って?写真提供:カロナビ

写真拡大

【美容/モデルプレス】女性なら誰でも、いつまでもキレイでいたいと思いますよね。ですが、多くの女性が無意識のうちに老化を促進させるような生活を送ってしまっていることをご存じですか?本日はアナタの普段の生活を振り返っていただき、ダメな習慣を見直すことで、いつまでもキレイでイキイキと暮らしていくためのコツをご紹介します。

【さらに写真を見る】

◆今のアナタの魅力度は何点?簡単チェック項目


まずは普段の習慣を振り返ってみましょう。この中で当てはまる項目にチェックを付けてみてください。

1.甘いものが大好きで毎日食べている
2.食事は外食か加工食品で済ませることが多く、栄養バランスも気にしていない
3.朝食は簡単に済ませるか抜くことが多い
4.カフェイン飲料が好きで1日に何杯も飲んでいる
5.毎日仕事に家事に大忙し!そういえば最近笑っていないかも…
6.運動不足ぎみで汗をかく機会が少ない
7.ついつい夜更かしをしてしまう

さて、何個チェックが付きましたか?たくさん付いた人ほど、残念ながら女性としての魅力が低い状態です。

上記の生活を続けていると、数年後には同年代の女性よりも老けて見られる可能性が高まってしましますから、早い段階から対策を行うことが大切です。

ここでは女性がついやりがちな3つのダメ習慣をピックアップし、それらの上手な改善法をご紹介していきます。

◆甘いモノの食べ過ぎに注意!見ため年齢に悪影響!?


ここでは女性の皆さんが大好きな「甘いモノ」の食べ過ぎにフォーカスを当ててみます。

甘いモノはカラダの中で老化促進物質「AGEs」を作る原因になることをご存じでしたか?特に市販のお菓子などに含まれる精製された砂糖には注意が必要です。

日常的に精製された砂糖を食べて血糖値の急激な上昇を繰り返すことで、カラダの中の「AGEs」が増加し、老化現象に拍車をかけてしまいます。

甘いモノが食べたい時は、果物、甘酒、ミニトマト、ふかし芋など自然の甘味を感じられるものを選ぶことをオススメします。

とはいっても今までの習慣を急に変えることがストレスになってしまう場合もありますよね。

そんな時はできるだけ余計な添加物の入っていない物を選び、お皿に取り分けることで食べる量を調節するなどの工夫をすると、少しずつ「甘いモノ」と上手に付き合えるようになりますよ。

◆ストレスはキレイを阻害する原因に!上手に付き合って内面美人になろう


最近笑っていますか?また、適度にストレスの発散はできていますか?

女性は特に、ストレスを溜め込む生活をしているとホルモンバランスが乱れることが分かっています。これにより、肌荒れ、生理不順、老化の原因になる活性酸素の大量発生などが起こり、女性としての美しさが半減してしまうのです。

仕事や家事が忙しくても、友人や家族との時間を大切にし、心から笑う環境を作りましょう。また、適度にカラダを動かしたり、リラックスタイムを設けることも大切です。

寝る前にアロマを焚いてストレッチをしたり、温かい飲み物をゆっくり飲む時間を作るなど自分に合ったストレス解消法を探してみてくださいね。

心にゆとりがあると自然と笑顔がこぼれ、自分に自信を持つこともできますよ。

◆カフェインの過剰摂取はココロとカラダに悪影響?!


ダメ習慣の3つめは、働く女性に多い「カフェインの過剰摂取」についてです。

カフェインを大量摂取すると、血管が収縮してカラダを冷やす原因になります。また、代謝する際に大量のミネラルを消費してしまうため、お肌のターンオーバー周期が乱れたり、ココロの状態が不安定になったりします。

それだけでなく、冷え性や低体温の人は、妊娠を望んだ時のリスクが高いと言われていますから、将来赤ちゃんが欲しいと思っている女性は特に気をつけましょう。

コーヒーの代替飲料として有名な、ノンカフェインの「たんぽぽコーヒー」をミランダ・カーが美容とデトックスのために飲んでいたというのは有名な話。「たんぽぽコーヒー」はコーヒーに似た味わいながらノンカフェインで女性に優しい飲み物です。

他にも、最近はオーガニックで安心して飲めるノンカフェイン飲料やデカフェ飲料が手軽に手に入りますから、毎日飲む習慣のある人はこれらを上手に摂り入れてみると良いでしょう。

◆キラキラ女子の基本の「キ」はコレ!


最後になりますが、見た目も内面も、女性としての魅力をアップさせるために共通して言えることは、規則正しい生活と栄養バランスの整った食事をすることです。

当たり前のことですが、これができていない女性がとても多いと感じます。

3食しっかり野菜やたんぱく質を取り入れた栄養バランスの良い食事をし、適度な運動と睡眠時間をしっかり確保するだけでもココロとカラダのコンディションがグッと良くなりますよ。少し余裕が出てきたら、加工食品や外食の頻度を減らし、できるだけ自炊をするとお肌の調子も大きく変わってくるはずです。

毎日のちょっとした習慣を変えるだけで、数年後の自分の美しさに大きく影響してきますから、ぜひ今日からキレイになるためのコツを習慣化してみてくださいね。(modelpress編集部)

◆佐藤 麻祐子氏プロフィール


ヘルスケアアプリ「カロナビ」専属管理栄養士。「栄養バランスの取れた食事で、楽しく健康的な生活を送っていただくこと」をモットーに栄養指導やダイエットサポートを担当。

1987年12月生まれ。東京都出身。大学にて栄養科に所属し、卒業時に管理栄養士の資格を取得。食品メーカーに4年間勤めたのち、ヘルスケアアプリ「カロナビ」を通じて正しい食事を伝えるべく、栄養指導、コラム執筆など幅広く活動中。

自身も生活習慣の改善を行い10kg近い減量に成功した経験あり。若い女性目線の無理のない健康的なダイエット指導が得意。

情報提供:カロナビ