東京国際空港(羽田空港)/日本

写真拡大

 キラキラとまばゆい光を放ち、日中とは全く異なる景観となる夕暮れからの空港。空港建物の外観・内観・滑走路・機体・コックピット…。幻想的で、近未来的で、ロマンチックな夜間飛行へ今スグTAKE OFF! そんな気分を堪能できる写真集『NIGHT FLIGHT -夜の空港-』が2016年7月22日(金)に発売された。

 「人が旅をする目的は、到着ではない。旅をすることそのものが旅なのだ」。これは、ドイツの文豪ゲーテの言葉の一つ。もし、この言葉通りだとしたら、旅客機や空港は、単なる旅の移動手段とそれを得るための施設ではなく、旅することそのものに間違いない。

 出発前の期待と不安、到着後の安堵と未練…など。人は、いろいろな思いをないまぜに、空港を行き交う。まして、夕暮れの空港は日中とは全く異なる景観を見せる。夕日に滲む機体がアンニュイな気分を増幅させたり、キラキラとまばゆい光を放つ巨大な建物が、SFアニメで見た近未来の都市を連想させたり、滑走路を照らす誘導灯が地上の天の川のように見えたり、旅人の心情を映すかのようにも幾重にも変化する。

 写真を見ながら、昔の旅の思い出を重ねたり、まだ見ぬ旅を空想したり、イマジネーションの翼を広げたりと、楽しみ方は人それぞれ。様々な空港の景色を、自分なりの方法で楽しもう。

■『NIGHT FLIGHT -夜の空港-』

編:PIE BOOKS

発売日:2016年7月22日(金)

発売:パイ インターナショナル

※掲載内容は変更になる場合があります。