日本の桜を英国に紹介したイギリス人園芸家、コリングウッド・イングラムの生涯を描いた著書『チェリー・イングラム―日本の桜を救ったイギリス人』で、今年の日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した阿部菜穂子氏(写真左)がこのほど日本記者クラブで講演した。

写真拡大

2016年7月22日、日本の桜を英国に紹介したイギリス人園芸家、コリングウッド・イングラムの生涯を描いた著書『チェリー・イングラム―日本の桜を救ったイギリス人』で、今年の日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した阿部菜穂子氏がこのほど日本記者クラブで講演した。

【その他の写真】

阿部氏はロンドン在住のジャーナリストで毎日新聞出身。同書は日英の架け橋となったイギリスの桜守の知られざる軌跡を丹念に掘り起こしたノンフィクションである。

主人公のイングラム(1880−1981)は豊かな自然に囲まれた海辺で育った。野鳥の研究者だったが、植物への関心から「桜探究者」に。明治から大正時代にかけて3度も訪日し、桜の希少種の穂木を持ち帰って、広大な庭園で生育した。「ジャパニーズ・チェリー」をイギリス全土に広め、「チェリー・イングラム」という異名をとった。

日本人の多くが「桜」で連想するのは、一斉に咲いてパッと散るソメイヨシノ(染井吉野)だろう。阿部氏は新聞社勤務の後、2001年に渡英。英国では、花の色から形状、開花の時期まで異なる多様な桜の品種を見て、驚いたという。その背景を徹底的に調べる中で、イングラムの存在を知り、彼の地元や関係者を訪ねて回った。孫娘が、訪日時を含めた膨大な祖父の日記や手紙、桜のスケッチ、写真、園芸雑誌の記事などの資料を大切に保管していた。

阿部氏は「もっと壮大なドラマがあるのでは?」とジャーナリストらしい直感から、英国と日本でイングラムの足跡をさらに追いかけた。訪日時の日記などを丹念に読み解くと、当時の桜職人・研究者や政財界人との交流が綴られていた。

伝統的な多種多様な桜が明治維新後の近代化の中で衰退したのとは対照的に、生長が早く華やかな品種改良種ソメイヨシノが政府の奨励策もあって広まった。「ぱっと咲いて一斉に散るソメイヨシノが全体主義のイデオロギーに利用された」という。

たしかに、軍歌『同期の桜』の「貴様と俺とは同期の桜、同じ兵学校の庭に咲く、咲いた花なら、散るのは覚悟、みごと散りましょう、国のため」は、戦後生まれでも知っている有名な歌詞である。

同書では「桜は古代から日本人にとって生涯や生の象徴だったのであり、満開の花に人々は生きる喜びや生命力、再生の力を見ていた。ところが軍国主義の台頭とともに咲いた花ではなく“散り際”に焦点があてられるようになった」と綴られ、次のように続く。

「敷島の、大和心を人間はば、朝日に匂う、山桜花」本居宣長が江戸時代に詠んだ和歌だ。本来、朝日を受けて咲くヤマザクラの高貴な美しさを賛美したものであり、生の象徴としての桜の花のイメージを詠んだもので、死の意味も全くほのめかされていなかった。ところが『大和心』と『散る桜』のイメージを故意に結び付けて、まるで桜のように潔く散ることが大和心であると言っているかのように宣伝され、国のため、天皇のために死ぬことを国民に鼓舞する道具として使われたのである」

「イングラムが自宅の庭で育てた桜は世界大戦を生き抜き、イギリスじゅうで多様な花を咲かせる一方、日本では戦後もヨメイヨシノ一色が続いている。多様な桜を愛したイングラムのメッセージをこの本に込めた」―。阿部氏が強調した「多様性」とは桜の世界だけでなく、「多種の価値観をお互いに尊重し合う社会」を示しているようだ。(八牧浩行)

<阿部菜穂子著『チェリー・イングラム日本の桜を救ったイギリス人』(岩波書店、2300円税別)>