会話があったとしか思えない!「植物が不思議だった話」のマンガがネット上で話題沸騰

写真拡大

「植物が不思議だった話」のマンガに注目が集まっています。

植物同士で会話してた!?

このマンガを投稿しているのは、イラストレーターのカマタミワ(@kamatamiwa)さん。

カマタさんは数年前から、モンステラという観葉植物を育てていました。

Twitter/@kamatamiwa

Twitter/@kamatamiwa

ある日、新しいモンステラを一鉢購入してみたんだとか。

新しいモンステラは、「気根」(幹から空気中に向かって伸ばす植物の根)を出すタイプだったそうです。

Twitter/@kamatamiwa

Twitter/@kamatamiwa

さっそく、古いモンステラの隣に新しいモンステラを置いてみたところ…。

しばらくして、突然、古いモンステラから「気根」が出てきたそうです!

Twitter/@kamatamiwa

Twitter/@kamatamiwa

数年間「気根」を出したことがない、古いモンステラ。

カマタさんは植物同士の「会話があったとしか思えない」と感じたそうです。

「植物が不思議だった話」のマンガが面白いと話題となり、ツイートは17,000以上リツイートされていました。

植物ってスゴイ!

ツイートには「え〜!ナニコレすごい!!」、「なんか出た…」、「それは会話があったんですっ」といったコメントが寄せられています。

古い植物の反応をみると、やはり新しいモンステラから影響を受けたとしか思えませんね。

植物は人の言葉に反応!?

ほかにも、カマタさんは植物とのエピソードを描いたマンガをTwitterに公開しています。

Twitter/@kamatamiwa

Twitter/@kamatamiwa

仕事が忙しくて、植物に向かって弱音をはいていたそうです。

その植物はカマタさんの弱音を糧にしたのか、なぜかどんどん大きくなっていったんだとか。

Twitter/@kamatamiwa

Twitter/@kamatamiwa

しかし、しばらく植物に話しかけないでいたところ、植物が枯れそうになっていたそうです。

Twitter/@kamatamiwa

Twitter/@kamatamiwa

慌てて植物に話しかけるカマタさんなのでした…。

なお、カマタさんの実録マンガ『半径3メートルのカオス』の単行本が7月30日に発売するそうです!

カマタさんのマンガやイラストが気になる方は、ぜひブログもチェックしてみてはいかがでしょうか?

※この記事のツイートと画像はカマタミワ(@kamatamiwa)さんの許可を得て掲載しています。