あいつ、どんくらいもらってんだろ……友人の給料が気になる瞬間12選

写真拡大

他人の懐事情って、やっぱり気になりますよね。では、あなたは友人がいくらもらっているのか気になったことがありますか? 今回は、どんなときに友人の給与額が気になるのか、社会人男性に聞いてみました。

■高級マンションや高級車を買ったとき

・「外車や高級ブランド品をいつも身につけている」(26歳/ソフトウェア/技術職)

・「一等地に高級マンションを買っていたとき」(33歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「1000万円近くする高級車をどんどん乗り換えている友人を見たとき」(31歳/運輸・倉庫/営業職)

・「いい靴を履いていたり、いい時計を持ってるとき」(34歳/電機/技術職)

もっとも多かった回答が、友人の羽振りのいい話を見たり聞いたりしたときのよう。同世代が高級車や家を購入したと聞けば、やっぱり気になりますよね。

■自分の給料と比べたくなったとき

・「自分の給料が少ないと感じたとき」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「同じ仕事をしているのに評価が違うのでは?」(33歳/情報・IT/技術職)

・「営業の場合、成績によって歩合給が付きますが、月の成績が飛びぬけて優秀な友人が実際のところどのくらいの給料を貰っているのか気になることはあります」(31歳/不動産/営業職)

・「同期で、昇任がはやいひとがいたら、給料はどうなったのかなと少し気になったことはあります」(25歳/電機/技術職)

ズバリ、自分の給料と比較してみて。この回答者のほとんどが自分の給料は低いと感じており、それだけにまわりの給料との差が気になるようです。

■異業種の同年代の友人

・「同い年で全然、別業種の友達だといくらもらっているのかすごく気になる」(31歳/通信/販売職・サービス系)

・「自分の給料が仕事変わってめっちゃ落ちたので、みんないくらもらってるのか気になる」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「同年齢で集まった時にお金の話になり、流れ的に自分が一番低そうだったとき」(26歳/商社・卸/販売職・サービス系)

・「自分の選んだ仕事ではあるが、見合った給料が支給されていないと感じたとき」(26歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

異業種の世界はいろいろ知らないことが多いだけに、その給料も気になるようです。

■まとめ

自分の給料に満足していないほど、ほかの人の給料が気になる傾向にあるようです。がんばっているのにこれだけ……と不満もあるかもしれませんが、給料が高いなりの苦労があるのかもしれませんよ。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数202件(25歳〜35歳の働く男性)

(フォルサ/はらだやすこ)