アスリートを金メダルに近づけるサングラス

写真拡大

リオ五輪に出場するビーチヴァレーやゴルフの選手が、好んでオークリーのサングラスを装着する。視界の色のコントラストが調整され、選手は注視しなければならない対象をよりはっきりと見ることができるようになるからだ。

「アスリートを金メダルに近づけるサングラス」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国のゴルファー、バッバ・ワトソンの目には、リオデジャネイロオリンピックのゴルフコースでたくさんの緑色が映るだろう。だがそれは、わたしたちが目にする「緑」と同じではない。

特殊な着色加工が施されたオークリーのサングラスをかけたワトソン選手の視界は、色によって強弱が付けられ、コントラストが強調されるようになるからだ。

オークリーによると、ワトソン選手が装着するサングラス「Green Fade」には、光をフィルタリングし、その競技に最適な色のスペクトルを人工的につくることで着用したアスリートを優位すべくつくられたレンズ「Prizm」が採用されているという。

Prizmにはいくつか種類がある。例えば、ゴルフ用だと色のコントラストが強く映り、距離感や芝のコンディションが見えやすく調整されている。

ビーチバレーのケリー・ウォルシュ選手も、リオのコパカバーナ海岸でオークリーのサングラスを装着する予定だ。彼女の場合は、「フィールド」という種類のPrizmレンズを使う。このレンズでは、青のなかにある白が強調されるので、空を背景にボールを追いやすくなるのだとウォルシュ選手は言う。

「ほとんどの試合が日中に行われるので、太陽の影響は非常に大きくなります。できるだけ早くはっきりと目でボールをとらえられるかどうかで、試合の流れは変わります」

Oakley1-1024x768

アスリートを助けるしくみ

オークリーの技術者たちは、レンズの原料であるポリカーボネートに特殊な染料を使用することで、特定の波長の透明度と不透明度を変えている。例えば、青い海の微妙なニュアンスをとらえるには緑を遮断すればいい、というようにだ。

「サングラスが特定の色をフィルタリングすると、目の反応曲線は透過した色にのみ反応し、ブロックされた色を感知しません。つまり、感知された波長の色がさらに明確に見えるのです」と、オレゴン健康科学大学の光学研究者スティーヴン・ジェイクスは説明する。

ほとんどのPrizmレンズには、その光透過率データに3〜4つの明確なピークがある。これらのピークを強調することで、特定波長の両側にギャップが生まれる。オークリーによると、この波長調整によってアスリートは、裸眼では見えない微妙な違いに気づくことができるという。

RELATED

これによってアスリートたちは、特定の細部や物体が飛び出してくるように見える。

例えば、オークリーのフィールドレンズは、野球ボールの白を、青い空と緑のフィールドを背景にくっきりと目立たせることができる。こうした色の調整はトラック競技の選手にも役に立つ。このサングラスをかければ、フィールドに描かれた線がくっきりと見えるようになるからだ。

「白をぼやかすのは非常に簡単ですが、白をさらに明るくするのは簡単ではありません。その唯一の方法は、周囲の色をぼんやりとさせることなのです」と、オークリーのヴィジョン・パフォーマンス・ラボ責任者であるウェイン・チャンブリーは述べている。