狭いワンルームも広々使える!可動式のファニチャー「Ori」が賢い

写真拡大

都心のマンションは部屋が狭すぎる…そんな問題に頭を悩ませているあなた。

このたび発表された革命的アイデアが、あなたを救ってくれるかもしれません。

Yves Behar(fuseproject)がデザインを手掛け、MIT Media Labo CityHome Projectが設計を担当した「Ori」は、画期的な可動式家具システム。

およそ18〜27屬離錺鵐襦璽爐ボタン1つで、広々とした快適な居住空間へと生まれ変わります。

Ori

Ori

メインの家具はたったひとつ

「Ori」はクローゼット、ソファ、ベッド、デスクが、すべて1台にビルトインされています。

これはベッド(クイーンサイズ)を出している状態。

Ori

ボタンを押すと、ベッドは自動で収納されていきます。

Ori

代わりにデスクを引き出すとこんな感じ。

Ori

こんなに広々!

リビングを広く使いたいときは、部屋の端に寄せることも可能。

Ori

「Ori」は“折り畳める”というイメージで、日本の「Origami(折り紙)」からネーミングされたのだとか。

カップルやオフィス兼自宅におすすめの「Ori」は、すでに不動産会社やマンションオーナーからの相談受付を開始しています。

こんなオシャレなお部屋があったら、ぜひ住んでみたいですよね。

「Ori」がある生活をイメージした動画もぜひご覧あれ♪



Introducing Ori - www.orisystems.com from Ori on Vimeo.

Ori System

http://orisystems.com/#welcome-home

・インテリア(まとめ)