22日、中国中央テレビは、河北省ケイ台市で、豪雨による洪水により9人が死亡、11人が行方不明となっていると伝えた。

写真拡大

2016年7月22日、中国中央テレビ(CCTV)は、河北省ケイ台市で、豪雨による洪水により9人が死亡、11人が行方不明となっていると伝えた。

報道は、「19日からケイ台市では最も雨が強い段階に入り、22日午前11時30分の時点で9人が死亡、11人が行方不明と発表されている」などとしている。

しかし、ネット上では「100人以上の死者が出ている」といった情報や、「市民に知らされずにダムが放流された」といった情報が相次いでいるほか、現地で市民と警官隊がにらみ合う様子を映した動画も出回っている。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のCCTVアカウントによる報道に対しても、ネットユーザーから「ダムの放流によるものだ!」「天災ではなく人災」「犠牲者はもっと出ているはず」「我々は真相が知りたいんだ」といった書き込みが相次いでいる。(翻訳・編集/北田)