夏の定番イベント、バーベキュー。河原やキャンプ場に集まって、みんなでワイワイ楽しむ! というイメージが強いですが、今年のトレンドは『フレンチBBQ』です。『フレンチBBQ』とは、フランス式のバーベキュースタイルのこと。ポイントは3つあり、

1.「遠出をしない」
河原やキャンプ場などまで出かけることなく、自宅の庭やベランダ、近所の公園で行なう。

2.「アペタイザーを楽しむ」
肉や野菜が焼ける前に、アペタイザー(食前酒や前菜)を用意して、彩りや味を楽しむ。

3.「ワインでくつろぐ」
ワインをお供に、長時間ゆったりと過ごす。

ちなみに、トレンド総研が20〜40代男女500名に対して実施した調査では、 バーベキューを行なう場所について、33%が「自宅の庭・ベランダなど」と回答。また、「友人宅の庭・ベランダなど」(23%)、「近場の公園」(22%)という声も多く、近場で楽しむスタイルが主流になりつつあるようです。
今夏はそんな『フレンチBBQ』を楽しめる、都心の屋上のBBQパークが登場中です。

完全貸し切り制! オトナのフレンチBBQを楽しむ

ワインに合う「ベルキューブ」とフレンチBBQがコラボ!

「REALBBQ PARK」では、おつまみチーズキューブ「ベルキューブ」とコラボレーションした「フレンチBBQ」メニューを8月10日(水)までの期間限定で提供中です。

アペタイザーにはワインに合う、カラフルな「ベルキューブ」をもれなく用意。

「REALBBQ PARK」は都心のビルの屋上にあるバーベキュー場なので、仕事帰りにも行けてしまいます。楽しめる店舗は、千駄ヶ谷・代官山・大塚・銀座・秋葉原・表参道・神田・押上・渋谷・宮益坂・東日本橋・赤坂に全11店舗。

2時間半の完全貸し切り制なので、オトナなBBQを楽しめる。

また、食材と調理器具の準備はスタッフがやってくれるので、手ぶらでOK! やることは、調理だけと手軽に本格BBQが楽しめます。事前予約が必要ですが、繁忙期は狙った時間が取れないことも。そんな時は、公式サイトで「フレンチBBQ」のセットを購入できるので、おうちで楽しむのもアリですよ。

REALBBQ PARK
http://park.realbbq.jp/

カジュアルにラグジュアリーなBBQを!

銀座「マキシム・ド・パリ」の元総料理長が料理を手がける。

カジュアルフレンチグリル&ワインバー「GRILL&WINE GENIE‘S TOKYO(グリル&ワイン ジーニーズトーキョー)」では、8月31日(水)の夏季限定で、テラスで楽しむ「大人のBBQ フレンチグリルプラン」を提供しています。こちらも手ぶらでOK。

こだわりの串焼きは食べごたえ十分。

「ラグジュアリーなBBQ」を楽しむをテーマに、料理長が熟練の技でグリルしたこだわりの肉をブロシェット(串焼き)で味わえます。一般的なBBQにはない、フレンチの伝統的なソース「ソースベアルネーズ」「ソースボルドレーズ」や岩塩で楽しめるのがポイント。

料理を引き立てるフリードリンクも用意。

また、料理をより一層引き立てるフリードリンクも用意。モエ・エ・シャンドンの伝統を受け継ぐスパークリングワイン「シャンドン・ブリュット」や自家製白サングリアなど、暑い季節にぴったりなさわやかなドリンクが揃っています!

GRILL&WINE GENIE‘S TOKYO
※「大人のBBQ フレンチグリルプラン」は完全予約制。
 ご予約は前日の営業時間までにお願いいたします。
http://genies-tokyo.com/

夜景を楽しみながらお手頃フレンチBBQ

3800円〜のお手軽さが良い。

アークヒルズ サウスタワーの屋上庭園「スカイパーク」の『ROOFTOP LOUNGE(ルーフトップラウンジ)』で楽しめるのは、ワンランク上の「手ぶらBBQ」です。

赤坂・六本木エリアの夜景が眺められるので、デートにももってこい。

「カジュアルBBQコース」は2時間制で3800円とお手頃。こちらは牛、豚、鶏、3種のお肉がセットになったプランで、USビーフのハンギングテンダーややまゆりポークの肩ロース、ジャークチキン、さらにフレンチフライや枝豆などのサイドメニューが楽しめます。

好きなお肉を買って持ち込めるユニークなプランも!

また、地下1階アークキッチン内の精肉店「福島屋」、もしくは「肉屋 格之進F」でお好みのお肉を買って持ち込む「地下で肉を買ってBBQプラン」もあります。好きなお肉をお腹いっぱい食べたい! という女子にぴったりです。こちらは要予約なので、ご注意を!

ROOFTOP LOUNGE(ルーフトップラウンジ)
http://arkhills.beergardens.jp/