簡単で便利な自由研究「お助けキット」だが……

写真拡大

 夏休みに入り、子供たちの頭を悩ませる自由研究や工作の宿題。ところが、近年は過剰ともいえる手助けのおかげか、9月間近になって慌てる心配もなくなった。

 7月23日まで東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれている「宿題・自由研究大作戦」──。企業や官公庁など38の団体がブースを構え、自由研究のテーマや“お助けキット”などを提供している。洗剤の効果実験、粘土工作、手作り味噌キット……。ここにさえ来れば、親がサポートする手間も省けると、オープン前には2000人以上の親子連れが行列を作った。

 もっとも、同イベントは「少子化が進む中で、早い年齢のうちから自社商品のファンになってもらい、人材難が深刻な将来は就職でも興味を持ってくれたら嬉しい」(出展メーカー関係者)という企業側の思惑も見え隠れする。

 だが、自由研究で苦労した思い出のある親世代にとっては、複雑な心境だろう。

「私たちが子供のころの自由研究といったら、蚊がどんな所や気温で発生しやすいのかを調べたり、工作でも自分で牛乳パックや割りばしなどを集めてきて立体模型を作ったり、観察場所や材料選びから悩んで自分なりに工夫して作品を仕上げていました。

 それが今の子供は、書店や文具店などで市販されているキットの中からやりたいテーマを選んでガイド通りにやれば宿題が終わってしまう。実験結果や観察記録をつけるノートも、空欄を埋めればそのまま提出できるようになっています。便利になったとは思いますが、あまり面白味や達成感はありませんね」(40代主婦)

 確かに、この時期になると店には特設コーナーが設けられ、〈夏休みの自由研究にそのまま使える!〉といった謳い文句のキットが多数売られている。

 例えば、アリの巣観察キットを見てみると、アリを傷つけずに捕まえられるカプセル、巣作りがよく見えるハウス、巣を書き写せる透明シート、そして仕上げのまとめができる観察シートまでセットになっており、まさに至れり尽くせり。

 しかし、こうした現状に「自由研究の“自由”がどこにあるのか分からなくなっている」と苦言を呈するのは、安田教育研究所代表の安田理氏だ。

「本来、自由研究で一番大切なポイントは、まず何を調べたいかを子供に考えさせることにあります。普段の生活や夏休み中の旅行で、疑問に思ったこと、興味を持ったテーマを子供自身が見つけ、『この場合だったらどうなるのか』と試行錯誤を重ねる。そして、完成度が悪くてもいいからオリジナリティーのある研究結果を導き出すことで考察力が磨かれていくのです。

 それが、売られているキットで済ませてしまえば、調べる内容や範囲が決まっているので、研究というよりも作業に近くなってしまいます」

 学校側もそうした事態を憂慮して、〈売られているキットを使う場合も、自分の工夫をひとつは加えましょう〉〈工作の材料は日常生活で身近にあるものを選びましょう〉などと指導しているが、夏休み明けには、全く同じ市販の作品を提出する子供が続出しているという。

 では、親の意識はどうなのか。前出の主婦のように、お助けキットの進化に戸惑いながらも、結局はそれに頼ってしまう親も多いという。

「もちろん家族旅行に行って、子供のユニークな好奇心や素朴な疑問に気づく親はいますが、そこで悩ませたり、自由研究のテーマとして一緒に考えてあげる“時間”が待てないのです。

 これは世代間のギャップではなく、効率性ばかりを重視する社会のせいともいえます。とにかく無駄な時間を過ごせず、すぐに正解を求めようとする。国も自分自身で課題を見つけ、問題解決力を磨く教育改革をと盛んに言っていますが、現実には逆の方向へと向かっているのです」(前出・安田氏)

 昨今、宿題代行サービスなどが活況を呈して問題になっているが、お仕着せの自由研究も全く意味がないことを、改めて考え直す時期にきているのかもしれない。