XEによりDセグメントに再挑戦を果たし、さらに、新型XF、初のSUVであるF-PACEを発売と、怒濤のニューモデル攻勢をかけているジャガー。

1

2016年7月19日、2017年モデルのジャガーXEの受注を開始しました。

大きな変更点は、XFやF-PACE同様に、タッチ操作やホーム画面を自由にカスタマイズできる10.2インチ静電式タッチスクリーンの「InControl Touch Pro」を標準装備した点で、新型XE登場時に古さを感じさせたDVDナビとついに決別。

さらに、ジャガーのコアバリューといえる「走り」の間口を広げるべく、新たなエントリーグレードである「SE」を追加し、 439万円〜というラインナップに変更されています。

ほかにも、3年間の無料メンテナンスパッケージ「JAGUAR PREMIUM CARE(ジャガー・プレミアムケア)」も全グレードに付加され、新車登録日から3年間、走行距離無制限の保証、ロードサイドアシスタンス、定期点検(2 回)と指定交換部品および一部の消耗部品の交換を含むメンテナンスが無料で受けられます。

エンジンは、ガソリン搭載モデルが5機種、ジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけた「INGENIUM(インジニウム)」と呼ばれるディーゼルエンジン搭載モデル3機種で、計8機種にラインアップを拡大。

ボディカラーは「ポラリスホワイト」、「エボニーブラック」、「アルティメットブラック」、「ダークサファイヤ」、「グレイシャーホワイト」、「オデッセイレッド」、「クォーツァイト」、「ロジウムシルバー」、「アンモナイトグレー」、「ブリティッシュレーシンググリーン」、「イタリアンレーシングレッド」、「インゴット」、「ストームグレイ」、「テンペストグレイ」、「コスミックブラック」、「ガリウムシルバー」、「シージアムブルー」の計17色を設定しています。

ガソリン仕様の価格は、2.0L 直列4気筒ターボチャージド(200ps/320Nm)を積む「XE」が439万円、「XE PURE」が489万円、「XE PRESTIGE」が521万円。

同じ2.0Lの直列4気筒ターボチャージド(240ps/340Nm)を搭載する「XE PORTFOLIO」が648万円。3.0L V6スーパーチャージド(340ps/450Nm)を積む「XE S」が793万円。

2.0Lの直列4気筒ターボチャージド クリーンディーゼル(180PS・430Nm)搭載車は、「XE PURE」が507万円、「XE PRESTIGE」が541万円、「XE R-SPORT」が555万円です。

(塚田勝弘)

ナビがDVDから最新のSSD式に劇的進化した2017年モデルのジャガーXE(http://clicccar.com/2016/07/23/387375/)