努力しているからやせられない!? がんばらないダイエットこそが今必要です!/マンガ=森原由貴

写真拡大

「やせるために努力や根性は必要なし!」と、うれしいことをいってくれるのは、「低インシュリンダイエット」を提唱し、大勢の人をダイエット成功に導いた医学博士・永田孝行先生。

読者が1週間でウエストマイナス2cmした「冷やご飯ダイエット」などが、努力なしダイエットの代表例

【努力なしダイエットとは?】

最近ネットで注目されている「エフォートレス(努力なし)・ダイエット」は、忙しい主婦にもってこいのダイエット法。エフォートレスとは、“努力いらず”という意味で、ツラい食事制限や運動とは無縁のラクにやせられるダイエットのことを指す。

「ダイエットに関していえば、“努力”は、かえって失敗のもとになります。これまでの生活スタイルをガラリと変えるほどの“がんばり”は結局長続きしないので、挫折してリバウンドするケースが多くなってしまうのです」(永田孝行先生)

ポイントは、無理なく3週間続けられる方法を探すこと。「脂肪細胞が小さくなり、見た目にもやせたと分かるまでには約3週間かかります。つまり、やせるためには、最低でも3週間以上続けられるレベルのダイエット法を選ぶこと。少しでも体形に変化が見られれば、おのずとモチベーションが上がって、さらに続ける意欲が湧くはずです」

でも、そんなにラクチンなダイエットで本当にやせるの? 実はツラいんじゃない?と疑惑の目を向ける人も多いはず。

例としては、夏に最適な“冷やご飯ダイエット”、無理して間食を減らさなくていい“やせるおやつの食べ方”、便秘にも効果がある“ホットヨーグルト”などがあげられる。自分に合った「努力なしダイエット」を見つけて、この夏こそがんばらずにやせてみない?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】