20日、中国のポータルサイト・今日頭条はなぜ自動車評論家の多くが日本車を高く評価するのかを分析する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年7月20日、中国のポータルサイト・今日頭条はなぜ自動車評論家の多くが日本車を高く評価するのかを分析する記事を掲載した。

中国の自動車評論家の多くが日本車を高く評価しており、その評価の高さは多くの自動車ユーザーの予想の範囲を超えている。その理由について記事は、自動車評論家は運転したことのある車種が多いこと、操作性について独自の概念と理解があること、日本車の品質と信頼性がやはり高いことを挙げた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本人に骨の髄まで買収されたな」
「それは原稿料をもらってボーナスをもらっているからだろ」

「日本人からお金をもらって日本人のために発言しているんだ」
「お金をもらったら祖先のことなど忘れてしまうからだ」

「今年は日本車メーカーが広告に力を入れているからだろう」
「民族的感情を抜きにして、車そのものだけを見れば日本車が一番庶民に向いている」

「指導者の乗る車も日本車だしね」
「われわれは故障が少なく合理的な価格の車が好きなだけで、どこのメーカーかは重要ではない」

「コストを考えなければドイツ車が一番だが、同じ値段だったら日本車が一番いい。信仰心のある人はフォルクスワーゲンが一番だといい、頭のおかしい人だけが中国車こそ一番という」(翻訳・編集/山中)