イングランド代表監督候補のブルース氏がハル・シティを退団、サンダーランド監督就任と報道

写真拡大

▽次期イングランド代表監督候補と噂されていたスティーブ・ブルース氏(55)が22日、ハル・シティの監督を辞任したと、イギリス『スカイ・スポーツ』や『BBC』が報じている。

▽ブルース監督はユーロ2016でのベスト16敗退を受けてロイ・ホジソン前監督(68)が辞任したイングランド代表監督の後任として、サンダーランドを率いるサム・アラダイス監督と共に有力な候補として名前が挙がっていた。

▽しかし、同記事ではアラダイス監督がイングランド代表監督に就任した際、空席となるサンダーランドの指揮官にブルース監督が座ると報じられている。

▽2012年夏にハル・シティの監督に就任したブルース監督は、就任初年度にプレミアリーグ昇格を果たしたものの、2014-15シーズンにチャンピオンシップ(イングランド2部)へ降格。それでも2015-16シーズンはチャンピオンシップで4位となってプレーオフの末、プレミアリーグ昇格を果たしていた。なお、ブルース監督はサンダーランドで2009年5月から2011年11月まで指揮を執っていた経緯がある。