イングランド代表監督候補のブルース監督がハル・シティ監督を辞任へ

写真拡大

▽今シーズンからプレミアリーグに復帰するハル・シティのスティーブ・ブルース監督(55)が辞任するようだ。イギリス『BBC』や『スカイ・スポーツ』などが報じている。

▽ロイ・ホジソン監督が退任したイングランド代表の新指揮官候補に、サム・アラダイス監督とともに名前が挙がっていたブルース監督。『BBC』は22日に行われたトレーニングに姿を見せなかったと報じている。

▽ハル・シティは、今夏にクラブ売却の話が挙がっており、ブルース監督は先行きが不安定な状況に苦言を呈していたとのことだ。

▽2012年にハル・シティの監督に就任したブルース監督は、就任1年目はチャンピオンシップ(イングランド2部)で2位に入りプレミアリーグ昇格を果たすと、2年目はプレミアリーグで16位に終わるも、FAカップで決勝に進出。アーセナルとの決勝では2点を先行するも逆転負けを喫し準優勝に終わっていた。

▽3年目は前年のFAカップ準優勝を受けてヨーロッパリーグの予選に出場。本戦への出場は果たせず、プレミアリーグでも18位に終わりチャンピオンシップへ降格。しかし、4年目となった昨シーズンはチャンピオンシップで4位に終わるも、昇格プレーオフを勝ち抜いて、2度目のプレミアリーグ昇格を掴んでいた。

▽イギリス各メディアは、今回の辞任によりブルース監督が、アラダイス監督の後任として古巣のサンダーランドに復帰すると報道。ブックメーカーのオッズでもデイビッド・モイーズ氏を抜いて1位に躍り出たとしている。