靴下を綺麗にたたむ!スッキリ収納する!賢いアイデア♪

写真拡大

家族のみんなの靴下の管理、結構大変ではありませんか?引き出しの中で片方の靴下が行方不明になったり、整理整頓が難しくてごちゃごちゃになったり…。お悩みの方も多いことでしょう。また、靴下をたたむときは、できるだけ簡単に、かつゴムが伸びないように優しくたたみたいものですよね。出し入れしやすく、また靴下にも優しくスッキリ収納できたら、靴下がらみのストレスは大きく解消しそうです!そこで、靴下を優しくスマートにたたむ方法から機能的にスッキリ収納する方法まで、靴下収納の賢いアイデアをご紹介します。



元の記事を見る

まずはたたみ方をおさらい

■ こんなにスマートにたためちゃう!

靴下のたたみ方、各家庭でさまざまかと思います。イマイチたたみ方に納得いっていないという方に、スマートなたたみ方をご紹介!立てて収納することを考え、引き出しのサイズに合うように折り畳むのがポイントです。また、靴下の長さに合わせてたたむ回数を調整しています。最後に、一方の輪の部分をもう一方の足首の口に入れ込めば完成!これならバラバラになる心配もありません。立てて収納することで、収納スペースを無駄なく活用できちゃいます。

ケースや仕切りで靴下を整理整頓収納!

■ 100均の下着ケースが便利!

100均の下着ケースが靴下収納にぴったり!くるくると丸めて入れるだけなので、ゴムが伸びてしまう心配もありません。こちらのケース、スペースは8個に分かれているので、数を把握するのにも便利ですね♪画像は子供の靴下ですが、大人用の靴下もこの収納方法で一気にスッキリできちゃいます!

■ 収納ケースにかわいくラベリング

子供の衣類の収納スペースに使えるアイデアです。大人気、ダイソーの収納ケースに、キャンドゥーのかわいい手書き風のインデックスステッカーを貼り付け、子供が見ても分かりやすい収納スペースを作りました。このインデックスステッカーはランドリー用ですが、ケースの中身を分かりやすく区別するにもぴったりですね!

■ プラカゴ+仕切り板で機能的に!

100均の仕切り付きプラカゴや仕切り板、トレイを活用すれば、おうちの引き出しの中をスッキリ整理整頓できちゃいます。普通の靴下は、100均の仕切り付きプラカゴに1足ずつ収納。また薄手のフットカバーは2足ずつ収納しています。ハイソックスは、仕切り板を使って「井」の形に組み合わせたスペースの中へクルクル丸めて収納。内側の滑らかなトレイには、ストッキングなどデリケートな素材のものを。中身の配置換えもケースを移動させればあっという間に完了!引き出しを奥までかき回す必要がなくなります。

引き出しだけじゃない!靴下は掛けても収納OK

■ カゴにポン♪子供でも簡単に収納

縦に突っ張れる棒収納を利用し、かわいい100均のカゴを掛けて靴下収納スペースに。棒収納はホームセンターなどで取り扱っています。フックの位置が選べるので、子供の身長にちょうどいい高さを選ぶことができます。靴下を玉入れのようにポンっと入れるだけの収納法なので、子供でも楽しく収納できそうですね♪

■ 突っ張り棒とピンチでスッキリ壁面収納

クローゼット内の見えないスペースなら、こんな収納もOK!突っ張り棒とひも付きピンチ、ワイヤーラティスを用意しましょう。デッドスペースになりがちなクローゼットの壁を有効活用することで、収納スペースが倍増!朝の忙しい時間でも、さっと選べて実用性も◎です♪