幽霊からゴキブリまで…Twitterで見つけた「本当にあった怖い話」まとめ

写真拡大

夏の夜は怖い話が聞きたくなりますよね? そこで今回は、Twitter上からピックアップした“いろんな意味でゾッとする話”をご紹介したいと思います。

■心理ダメージが大きい! ゴキブリの怖い話

先にひとこと言わせてください。虫が嫌いな方はここから下は自己責任で……閲覧に注意してください。

筆者がどの投稿よりゾッとしたのは、やはり梅雨から夏にかけての恐怖を体現したかのような存在、“ゴキブリ”に関する投稿。

「寝てる時に首がチクチクして、触ったらクロゴキブリにかじられていた」という趣旨の、絶叫物のツィートが……。ゾッとしました。ゾッとして、ひんやりというより、なんとなく痒くなりました。

■生きている人間が一番怖い! 鎌を持ったおじいちゃん

続いては、生きている人間は一番怖い。という恐怖体験。

もしもあなたの前から、鎌を手にしたすごい目つきのおじいちゃんが歩いてきたら……? このご時世、「バッサリやられかねない」と身構えてしまいますね。

通りがかりのつつじの花に向かって振り下ろし、ひと振りで去っていった……ということですが、「めでたしめでたし、なのか?」とちょっと複雑な思いがよぎります。よく考えると「……ん? ひと振り? そこ、誰の家?」と思うと胸がザワつきます。

■数人が目撃! 警察沙汰になった霊体験

次は正統派の怪談をおひとつ。

パトカーに車を止められた投稿者。警察から、投稿者が乗っていたナンバーの車が「天井に女の人を乗せてふざけて走っていると数件通報があった」と言われたというのです。

「そんなことはしていないのに……」けれど、次の日車の上に“謎の手跡”を発見したというお話。いったいその手跡は、誰のものだったのでしょうか……。

■覗いていたのは……誰?

トイレの便器に座っていたら、小窓から覗いている人がいたので、声を上げたら逃げた。でもよく考えたらそのトイレは2階だった、というお話。怖いですね。

しかし、1階のトイレで生きた人間に覗かれるのとどちらが怖いでしょう? 甲乙つけがたいですね。

■マニュアル接客が怖い話になっている!?

こちらは、適当なマニュアル会話が、怖い話っぽくなってしまった例。

集金の人が「××さんいらっしゃいますか?」と言ったのですが、故人のため「もう死んでるんすけど」と返したら「じゃあお戻りになったらご連絡ください」と言われた、と。

もうすぐお盆ですしね……。

■お口直しに……こわかわいい写真

最後にお口直しに、子供は怖がりそうですが、なんとなく和む怖い写真をご紹介します。大きな口に鋭い歯も、凶悪な顔をした、ピーマンも切り口です。これは、怖い。

いかがでしたか? 虫、霊、生きた人間……。みなさんは、どれが一番怖いタイプでしょうか? 筆者的には、一番悲鳴を上げるのは、多分ゴキブリです……。