21日、中国の女優ファン・ビンビンと母親が香港マフィアの大物を接待していたという報道について、記事を伝えたニュースサイトが謝罪の声明文を発表した。写真はファン・ビンビン親子。

写真拡大

2016年7月21日、中国の女優ファン・ビンビン(范冰冰)と母親が香港マフィアの大物を接待していたという報道について、記事を伝えたニュースサイトが謝罪の声明文を発表した。国際在線が伝えた。

【その他の写真】

ニュースサイトの中国日報網(チャイナ・デイリー)が5月5日、「ファン・ビンビンが親子で香港マフィアの大物を接待した真相」というタイトルの記事を掲載。これに対しファン・ビンビン側は同月24日、民事訴訟を起こしていた。約2カ月を経てファン・ビンビンの潔白が証明され、今月19日に中国日報網が謝罪の声明文を発表。21日、ファン・ビンビンの個人事務所が中国版ツイッターで、この声明文をシェアした。

声明文では、「事の真相を確かめないまま報道してしまったこと」を謝罪し、「直接の関係者に厳しい処分を下し、二度と同じようなことが起こらないようにする」と書かれている。

こういった芸能人への行き過ぎた報道について、「金のためなら何でも書くメディアは許せない」とネット上ではファン・ビンビンの災難を哀れむ声が上がっている。また、「こんな紙切れ一枚で許すのか?」「もっと痛い目に遭わせないと。絶対に懲りていない」などと、厳罰を望む声も聞かれている。(翻訳・編集/Mathilda)