ぬいぐるみをすっきり片付けたい人必見!ぬいぐるみ収納アイデア24選

写真拡大

ぬいぐるみは大きくかさばるので、収納に苦労しているご家庭も多いのではないでしょうか。収納スペースのことを考えずに、つい次々と購入してしまったぬいぐるみをうまく片付けられる方法が知りたいという方のために、ぬいぐるみの収納アイデアを集めてみました。また、ぬいぐるみの汚れやホコリを取り除く方法も合わせてまとめましたので、参考にしてみてください。



元の記事を見る

まずは収納する前に!ぬいぐるみの汚れやほこり対策のアイデア

■ 洗剤&水ぶきでクリーニング

ぬいぐるみの内側にあるほこりをたたき出したら、洋服ブラシでブラッシングしてほこりを払いましょう。洗剤液をつうけたタオルで全体をふいて乾ぶき後、部屋干しを♪

■ 重曹を使ってドライクリーニング

ぬいぐるみをドライクリーニングしてみましょう。まずはぬいぐるみの汚れを吸い取ってくれる重曹を全体に振りかけ、ぬいぐるみを軽くもんで汚れが浮き出てきたら、掃除機で重曹を吸うだけ!

■ 日干し&除菌スプレーでダニ退治

かわいいぬいぐるみですが、たまには日向ぼっこさせてあげないと、大切なお子様がダニでかゆくなってしまうかも。洗濯物と同じようにぬいぐるみを干したら、除菌スプレーもしてあげることがポイント。

かご・バスケットを使ったぬいぐるみ収納

■ ぬいぐるみはリビングテーブル下のかごへイン

リビングにあるぬいぐるみを、簡単に視界から消してしまうアイデアです。リビングに置いてあるソファテーブルの下に、複数のぬいぐるみを収納できるかごを設置するだけ!また、ぬいぐるみは割と大きめのものが多いので、その他のおもちゃ用にかごを分けておくと、取り出しやすいですね。

■ ランドリーバスケットをぬいぐるみ収納に活かす

100均で購入できるランドリーバスケットは、最近では見た目がかわいいものも多いです。そんなランドリーバスケットをぬいぐるみ収納に使ってみてはいかがでしょうか。写真のようにちょっとぬいぐるみが飛び出していても、むしろそれがかわいらしく、センス良く見えますね。

■ テレビボードの引き出しは意外と大容量

大きいテレビボードの引き出しは、意外とかなり大容量です。テレビボードにこれといって入れておかなければないのなら、テレビボードの引き出しをぬいぐるみ収納に使ってみませんか。写真のように、かごなどを使って仕切ることで、ぬいぐるみ以外にも、いろんなものが入ります。

ボックスを使ったぬいぐるみ収納

■ ティッシュの空箱がぬいぐるみのおうちに変身

ティッシュの空箱を、ぬいぐるみのディスプレイケースに変身させてみませんか。ティッシュの空箱にあるティッシュ取り出し口にはハサミを入れて、もっと広めにカットします。切り取った空箱にはお好みのリメイクシートを貼りましょう。あとは小さめのぬいぐるみを収納すれば完成です。ぬいぐるみのおうちのようで、お子様にも喜ばれそうですね。

■ 木箱につめてアート作品風に飾る

インテリアの雰囲気を壊さないようにぬいぐるみを飾るアイデアです。用意するものは100均の木箱とフェイクグリーン。木箱にぬいぐるみを詰めて、グリーンを飾るだけです!それだけで不思議とぬいぐるみがアート作品のように見えますよ。

■ すのこで作る収納庫

すのことフォトフレーム、まな板を使って、ぬいぐるみ収納を作ってみましょう。材料すべてに汚し加工をして、まな板とフォトフレームには取っ手をつけておきます。すのこで側面を作り、まな板とフォトフレームをフタにして組み立てれば完成です。ゴミ箱を入れて、分別ボックスとして使ってもよさそうですよ。

つっぱり棒を使ったぬいぐるみ収納

■ 部屋の天井を収納に使う

天井につっぱり棒を設置して、S字フックをつけたら重くないものならたくさん天井に飾れるようになりますよ。お子様が作った作品を飾ってもいいですし、フェイクグリーンなどを飾るとおしゃれな雰囲気にもなりますね。

■ 小さなぬいぐるみはつりさげて収納が吉

「ぬいぐるみ」と一口に言っても、いろんなサイズがあるものです。スッキリと見せ、取り出しやすくするためには、ぬいぐるみのサイズごとに収納方法を変えること。小さなぬいぐるみは、かごなどへひとまとめしておくよりも、写真のようにつりさげて収納した方がスッキリとして、取り出しやすいですね。

■ クローゼットの天井を収納に使う

こちらはクローゼットの天井につっぱり棒を設置するアイデアです。クローゼットの中なら、ホコリからも守れますし、いつでもお部屋がすっきり片付いてみえますね。写真のようにぎゅぎゅっとたくさんつめこんでも、なかなかかわいいです。

ネットを使ったぬいぐるみ収納

■ ベッドフレームに作るネット収納

部屋が狭くて大きな棚や収納が置けないときに、おすすめのアイデア。100均で購入したネット状の網にフックのついたかごを取り付けて、ベッドフレームにかけるだけ!楽に出し入れができますよ♪

■ ネットを使った壁面収納

壁に設置したつっぱり棒にS字フックをつかってネットやかごをつりさげた収納アイデアです。白い壁に白いネットを重ねると、まるでぬいぐるみが浮いているように見えますね。ベッドの足側へ設置すれば、寝るときにもぬいぐるみが視界に入るので、お子様も喜びそう♪

ハンモックを使ったぬいぐるみ収納

■ 大きな布で作るハンモック収納

大き目の布を使って、ハンモック収納を作ってみましょう。布の両端は、輪っかになるように荷物ヒモで結んでおきます。作った輪っかにさらに荷物ヒモを通して、フックを取り付け、壁にフックを引っ掛ければ完成です。ハンモックへポイポイ投げればOKなので、片付けの苦手なお子様におすすめの収納ですね。

■ 天井ギリギリにつり下げるハンモック収納

こちらでは本物のハンモックを使用してぬいぐるみを収納しています。高さは自由に決められますが例えば、ぬいぐるみで遊ばなくなったお子様なら、天井に取り付けることでかわいいインテリアにもなるのでおすすめですよ♪

ぬいぐるみの壁面収納

■ 壁掛け用プランターを使った収納

100均で購入した壁掛け用プランターを設置して、その中にぬいぐるみを収納するアイデアです。壁の装飾のようで、すっきり部屋が片付きますね。1つだけでなく、写真のようにいくつか飾ってもかわいいですよ。

■ お玉を使った収納が意外とおしゃれ&かわいい

100均で購入したお玉(ガーデン用ポット)を使用した収納アイデア。お玉にアクリルスプレーで色をぬり、フェイクグリーンをマスキングテープで貼ったり、お玉に文字を書いたりしてデコレーション。お玉自体の長さも変えてみるとまた雰囲気が変わって楽しいですよ。

棚を使ったぬいぐるみ収納

■ ウォールラックを使った壁面収納

100均のウォールラックに収納するアイデアです。ぬいぐるみを乗せるためのウォールラックに貼ったレーステープもかわいらしさがアップしていますね。とってもかわいらしい雰囲気を演出してくれています。

大量のぬいぐるみを収納するアイデア

■ 衣類収納袋をぬいぐるみ収納に活用


大量にぬいぐるみがあるというご家庭では、衣類収納袋を活用してみませんか。中身が透けて見えるタイプなら、どのぬいぐるみが入っているのか一目瞭然!袋にしまうのはなんだか心苦しいという方はデコレーションすれば楽しい雰囲気になりますよ♪

IKEAの商品を使ったぬいぐるみ収納

■ 『IKEA PS FANGST』を使って縦に収納

『IKEA PS FANGST』は、メッシュ状のハンギング収納です。6段もあるので、かさばるぬいぐるみも縦にコンパクトに収納できますよ。ほこりもたまりにくく、日常の収納にも役立ちますが、このままベランダへもっていけば、日干しもできるので、ぬいぐるみのダニともさよならできます。

■ 大人色のIKEA『BLADIS』でおもちゃ収納

お子様のおもちゃやぬいぐるみは、頻繁に差し入れするものだから、いつもリビングに置いておきたいですよね。いかにもな、おもちゃ箱よりも、写真のように落ち着いた色の収納ボックスを選べば、リビングにもしっくりとなじみますよ。大き目の収納ボックスには、紙袋などでインケースを作って仕分けると取り出しやすいのでおすすめです。

ぬいぐるみ収納するときのその他アイデア

■ 押入れをうまく使いこなす

押入れの収納アイデア。かわいいけれど置き場に困ってしまうぬいぐるみは、押入れ下段へ飾るように収納してみては?押入れを開けたときに、まるでぬいぐるみのおうちのような秘密の部屋をのぞいているよう♪

■ 米袋をリメイクして丈夫&便利な袋を作る

お米の入っている袋を使う収納アイデア。しっかりとした紙の袋であればペンキをぬって加工することで、そのまま置いておいてもかわいい丈夫な袋になりますよ。開き口は針金が入っているので、写真のように軽く折り込むことで、中身が見えないようにすることもできますよ。

お子様がいると、ついつい部屋にあふれがちなぬいぐるみの収納方法をご紹介しました。100均やご家庭にあるものを活用して、上手に収納してみてくださいね。

まとめ/mouton293