写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マイクロアドは22日、同社が運営するアプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」において、簡単にターゲティング機能をスマートフォンアプリ内で提供できるメッセージカード機能を追加したことを発表した。

画像やテキストで簡単に作成できるメッセージカードは、ユーザーの行動履歴に合わせてアプリ内でオーバーレイ表示が可能になる。アプリ内に表示できるシンプルなメッセージカードだが、セグメントされたユーザーに対して自由度の高いコミュニケーション設計が可能となり、ポイントや特典の告知、特定のジャンルの商品の告知などイベントやユーザーの志向に応じた案内が可能になる。

同社では、メッセージカード機能とアプリ内のアンケート機能を組み合わせることでさらにコミュニケーション設計の自由度が大きく拡大するとしており、今後もアプリ運営者が負担なくユーザーとの接点を増やし、ユーザーエンゲージメントを高められるよう努めるとしている。

(長岡弥太郎)