Doctors Me(ドクターズミー)- あまーい病名にご用心! 「チョコレート嚢胞」は知らぬ間に貴女へ襲いかかる!

写真拡大

「チョコレート嚢胞(のうほう)」というのは、卵巣のう腫のひとつで、女性特有の病気です。

普段あまりなじみのない言葉だと思いますが、婦人科検診で指摘されることがあるかもしれません。

そこで今回は「チョコレート嚢胞」について医師に解説していただきました。

チョコレート嚢胞とはなんですか?

チョコレート嚢胞とは、卵巣のう腫のひとつです。卵巣のう腫とは、卵巣の中に何らかの成分が溜まることで、卵巣が袋状に大きく腫れてしまう病気です。

卵巣のう腫の原因はさまざまありますが、チョコレート嚢胞はそのうちのひとつです。子宮内膜症性卵巣のう腫とも呼ばれます。

チョコレート嚢胞によってどのような症状が起こりますか。

チョコレート嚢胞による主な症状は、以下のようなものがあります。

・腹部膨満感
・下腹部痛
・性器出血
・頻尿
・腰の痛み
・便秘

最も多く現れる初期症状は、左右片方どちらかの下腹部痛ですが、腫瘍が大きくならないと現れにくく、放っておいてしまいがちです。

放置をしてしまうと、大きくなった卵巣のう腫がねじれ、卵巣につながる血管がつぶされ血流が悪くなり、卵巣が壊死し炎症を引き起こします。
そうすると急に激しい下腹部の痛みが現れ、卵巣のう腫茎捻転(けいねんてん)になる危険性があります。

チョコレート嚢胞を引き起こす原因を教えてください。

チョコレート嚢胞とは、卵巣の内部に異常に発生してしまった子宮内膜が原因で起こります。これを異所性子宮内膜と呼びます。

異所性子宮内膜は、正常な子宮内膜と同じように月経周期に合わせて出血を繰り返します。すると卵巣の中に月経血が毎月たまり、卵巣が大きく腫れていきます。

卵巣の中に溜まった月経血が茶色くドロっとしており、まるでチョコのように見えることから「チョコレート嚢胞」とついています。

チョコレート嚢胞になった場合、どのような治療を施されますか。

チョコレート嚢胞はすぐに命にかかわる病気ではないため、症状が軽く、大きさも小さければ、経過観察となることが多いです。

しかし最近、チョコレート嚢胞から卵巣がんの一部が発生する可能性が示されてきています。
このため、年齢が40歳以上の患者さんの場合、直径4cm以上のチョコレート嚢胞があれば手術が推奨されています。

お腹が張ってくる、下腹部が痛いなどの異常を感じたら、病院を受診して調べてもらうようにしましょう。

チョコレート嚢胞は妊娠に影響を与えますか。

チョコレート嚢胞は、正常な卵巣の機能を妨げ、正常な排卵が起こらなくなってしまうことから、不妊の原因になります。

不妊で悩む場合も、婦人科で詳しい検査を受けましょう。

医師からのアドバイス

チョコレート嚢胞は、症状からは気づかれにくい病気です。

以前と異なるお腹の張りや下腹部痛を感じるようになったり、不妊で悩む場合には、婦人科を受診されることをお勧めします。

(監修:Doctors Me 医師)