世界各国の絵文字ランキング。日本で一番使用されているのは、意外にも・・・?

写真拡大

「#WorldEmojiDay(世界絵文字デー) 」の7月17日、それぞれの国がどの絵文字を一番使っているのか、Twitterより発表されました。

けっこう意外だったり、大陸ごとに傾向があったりで、見ていて楽しめます。

気になる日本は…

なんと日本は、意外にも「ハートマーク」が1位。愛情表現が乏しいとも揶揄されがちな日本人ですが、絵文字の上ではLOVEが溢れているようです。イタリアも同じくハートで、フランスはハートに矢が刺さってるあたり、ロマンチックなお国柄を感じます。

そして気になるのは、アメリカ、カナダ、イギリスがともに「あちゃー」というネガティブな表情が1位だったこと。一方で、フィリピン、インドネシア、トルコは「スマイル」が好んで使われているみたいです。

ブラジル、コロンビア、アルゼンチンは「音符マーク」が1番人気。南米のノリの良さが、絵文字からも伝わってきます。

ところで、なぜ7月17日が
「世界絵文字デー」?

日本の「ケータイ」カルチャーから生まれ、もはや世界基準にもなった「emoji(絵文字)」ですが、7月17日がその記念日とされているのは、Appleのカレンダーアイコンが「7月17日」に設定されているからだとか。

ちなみに、Appleがこの日をアイコンにしている理由は、Mac World conference2002で基調講演をした日に由来しているという説が濃厚なようですよ。

Licensed material used with permission by freevectormaps