自由が丘スイーツフォレストで7月22日(金)から8月中旬まで開催する「山梨ももスイーツまつり」

写真拡大

自由が丘スイーツフォレストでは、山梨県産の桃とコラボレーションした期間限定イベント「山梨ももスイーツまつり」を、7月22日(金)から8月中旬まで開催する。

【写真を見る】山梨県産の桃を丸ごと1個使ったベリーベリーの「山梨県産 丸ごとピーチベリー」(税抜720円)は平日5個、休日10個限定!

2015年に続いて2回目となる「山梨ももスイーツまつり」は、初夏から盛夏にかけて旬を迎える桃の魅力を、スイーツを通して伝えたいとの思いでスタートしたイベント。甲府盆地の朝晩の急激な寒暖差と日本一の日照時間が桃の栽培に最適な環境で、日本一の生産量を誇る“山梨県産”だけを使った、オリジナルスイーツが楽しめる。

「ベリーベリー」からは、丁寧に湯むきした山梨県産の桃を丸ごと1個使い、中にイチゴのコンポート、クリーム、クラムを入れた「山梨県産 丸ごとピーチベリー」(税抜720円※平日5個、休日10個限定)が登場。この他、「HONG KONG 果香」からは、果肉、シロップ、ジュレと“桃”づくしのかき氷に杏仁ミルクを組み合わせた「山梨県産 桃のプレミアムかき氷〜杏仁豆腐」(税抜1000円※平日5杯、休日15杯限定)など、桃特有の優しい甘味と上品な香り、みずみずしい食感を生かした全6種類がラインアップされる。

さらに「自由が丘スイーツStation produced by自由が丘スイーツフォレスト」では、8月に期間限定出店するvukeが「山梨県産 桃のプレミアム・コンポート」(480円)を1日50個限定で販売。芳醇な香りの桃のコンポートと、なめらかさが自慢のプディングが相性抜群の1品だ。

プレミアムな旬の果物を贅沢に使ったスイーツが堪能できるスペシャルイベント。この機会にぜひ、“山梨県産桃”のおいしさに触れてみてはいかが。【東京ウォーカー】