写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「ドラゴンクエスト」30周年を記念した特別企画「ドラゴンクエストミュージアム」がヒカリエホール(渋谷ヒカリエ9階)にて7月24日から開催される。21日にはマスコミ向けの内覧会が行われたので、今回はその内容をお伝えする。

「ドラゴンクエストミュージアム」は、「新たなドラゴンクエストの世界」をテーマに、シリーズ『I』〜『X』までそれぞれを、新しいコンセプトで再現した展示。会場の入り口付近には、シリーズ歴代主人公がお出迎えしていた。

巨大なミュージアムの入り口をくぐると、ドラクエの生みの親・堀井雄二氏やキャラクターデザインを手がける鳥山明氏、音楽を担当するすぎやまこういち氏のあいさつコメントや、これまで発売されたナンバリングタイトルのパッケージの展示コーナーが登場。奥に進み、オープニングシアターを見た後は、精巧に作られた伝説のロトの装備が姿を現す。

次は、ロトシリーズ3部作である『I』〜『III』の「ロト伝説の画廊」。ゲーム内で印象的なシーンが絵画で描かれ、当時の思い出がよみがえってくる。さらに天空城を抜けると、堀井氏が感動したという天空シリーズのジオラマ・ギャラリーエリアに到着。『IV』での絶望的なキングレオとの戦いや、デスピサロとの死闘、『V』でのキラーパンサーとの出会い、花嫁イベント、『VI』でのドランゴVSテリー、ダークドレアム戦などをさまざまな角度から眺めることができる。

天空エリアを越えると、「スーパーハイテンション体験」「石版パズル」「お祈り世界樹」といった頭や体を使うアトラクションエリアでドラクエの世界を体験。さらに、歴代のボスが一堂に会す「悪魔の回廊」を抜けると、歴代主人公たちと歴代の大魔王が戦う「オールスター集結 バトルシアター」に辿り着く。このシアターで魔王たちの圧倒的な恐怖感や存在感を味わえるハズ。

そのほか、当時の貴重な資料や原画を閲覧できるエリアや、ドラクエモンスターたちを表現したフード/ドリンクメニューが味わえる食事エリア「モンスターパーク」、オリジナル限定グッズ満載のショップ「プレミアムバザー」、ファンアートエリアなど、ここでしか味わえないドラクエの世界が広がっている。

「ドラゴンクエストミュージアム」は、2016年7月24日〜9月11日まで、ヒカリエホール(渋谷ヒカリエ9階)にて開催。詳しくは公式サイトをチェックしてほしい。

(C)2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

(担当ぱぴい)