言いづらいなぁ…。相手を不快にさせず「NO」を伝える方法とは?

写真拡大

職場で自分の意見を言えず、日々悶々としている人はいませんか? 違った意見を伝えたり、相手の期待に応えられない返答を伝える時は誰でも「言いづらいな……」と悩むものですが、それでもきちんと伝える人と、伝えることをあきらめる人とでは、その後のストレスに大きな差が出てきます。

そこで今回は、言いたいことを伝えるコツについてご紹介します。

■ストレスになる前に! 「なぜ意見が言えないのか」を考えてみる

意見が言えない理由を改めて見つめてみてください。

「言いづらいことをいって相手に嫌われるのではないか」「相手に失礼にならないか」など、相手にどう思われるかが気になるあまり、自分の意見が言えないということはないでしょうか。

しかし意見が皆違うということは当たり前のことであり、異なる意見を言ったからといって相手に嫌な思いをさせるとは限りません。もしかするとあなた自身が、自分と異なる意見を受け入れるのが苦手ではないでしょうか?

自分が嫌だから他人も嫌と思うに違いない、という考えに陥っている可能性があるかもしれません。

■クッション言葉を使い、人間関係を壊さないコミュニケーションを学ぶ

中には相手が受け取りづらい意見、伝えづらいという状況もあるでしょう。しかしそれを上手に伝えられることができれば、今後の人生がかなり楽になることは間違いありませんし、自分の意見を伝えることは自尊心にもつながる、とても大切なことです。

色々な言葉を駆使するのが苦手な人は、正直に「大変言いづらいのですが……」と気持ちを込めて伝えてみてはいかがでしょうか。あなたが頑張って意見を伝えているということが相手に伝われば相手の受け取り方も違ってくると思います。

もしあなたが上手に状況を伝える練習をしたいのであれば、「できることならやりたいのですが、こういう理由で今回は辞退します」というように、気持ちは前向きだがそうはできない状況にある、というような伝え方を練習してみましょう。間違っても“親族の不幸”などをでっちあげたりするような、ひどい嘘をつかないようにしましょう!

■Noを伝える時はポジティブに、提案を添える

外国人は「意見をはっきり言って強そう」というイメージがありますが、実際に外国人のコミュニケーションを見てみると、意外なことに大変柔らかいものであることがわかります。

「あなたの意見はとてもいいわね。私にはなかった視点で勉強になるわ。私の意見は……なんだけど、あなたはどう思う?」というような感じで、相手の意見とは異なる意見をポジティブに伝える力があるように思います。

自分がやりたくないことをいうときに、「Aはやりたくないです!」といえばもちろんカドがたちますが、「Aもとてもやりがいがある仕事だと思うのですが、Bの仕事に集中することで、より会社に貢献できると思うのですがいかがでしょうか」というとどうでしょう。

いろいろな方法がありますが、何よりもまず、「Noを言っても大丈夫」という気持でいることが重要です。その上で、どのように伝えればより伝えやすいか、工夫をしてみてください。

以上、言いたいことを伝えるコツについてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

コミュニケーションは人間関係。人間関係は退職理由第一位になるぐらいですから、ビジネススキルよりも重要なポイントですし、友達同士や家族のコミュニケーションも同じです。自分の意見や気持ちを大事にすることは、思っている以上に大切なことと理解をし、ストレスをため込まないように日ごろから向き合っていきたいものですね。