アニメ「進撃の巨人」2期決定にファン大興奮

写真拡大

 2013年4月から9月にかけて放送され、社会現象とまで言われるほどの大ヒットを記録したテレビアニメ「進撃の巨人」が、「進撃の巨人 Season2」となって2017年春に帰ってくる! この知らせにファンたちは「神アニメ! 首を長〜〜くしてお待ちしておりましたっ 」「きたああああ!!!!」「おかえりなさぁぁい!!」と大興奮。

 『別冊少年マガジン』で連載中の諫山創原作『進撃の巨人』。現在19巻まで発行されており、累計発行部数は5,000万部を突破している。2016年7月3日(日)に行われた「進撃!巨人中学校×進撃の巨人“進撃祭”Reading&Live Event」内でアニメ2期の制作が発表されるやいなや、ファンたちは「今日は祭りだああぁぁ!!!」「いよっしゃあぁぁ! 生きててよかった!!!」とお祭り状態。

 そんな『進撃の巨人』の大ヒットに一役買ったのがアニメ版「進撃の巨人」。主人公であるエレン・イェーガー役に梶裕貴、エレンの幼馴染ミカサ・アッカーマン役に石田由依、エレンが所属する調査兵団の兵士長・リヴァイ役に神谷浩史など豪華実力派声優を起用し、原作に沿ったストーリーと華麗なアクションシーンで「バトルありギャグあり謎ありキャラ濃し、そのうえ最後まで崩壊せずにきれいな作画。これは良作」「立体機動とかバトルのところがほんとにかっこいい! これはアニメならではかも!」「声優も豪華だし、話もこれまでなかった感じなのがよかった」と大きな話題を集めた。

 その人気は、2013年にアニメ「進撃の巨人」の主題歌「紅蓮の弓矢」を担当するアーティスト・Linked Horizonが紅白歌合戦出場を果たし、アニメ映像やアルミン・アルレルト役を演じる井上麻里奈のナレーションも織り交ぜられたスペシャルバージョンが放送されたほど。スピンオフマンガや小説版、テレビアニメを再編集した劇場版2部作や、三浦春馬主演での実写映画化も果たし、その人気はとどまることを知らない。

 「進撃の巨人」アニメ1期では、壁の中で暮らす人類の中で、唯一壁の外を調査するために壁外に遠征する“調査兵団”にエレンが入団し、自身の正体や巨人の謎、人類の謎に向き合いながら戦いの中で成長していく。最終回では、食欲を満たすという巨人の本能ではなく自分の意志のもと行動する“女型の巨人”との戦いを描いた。続編を期待させるような原作通りのストーリー展開と、意思を持った巨人が戦う迫力のバトルに「荒木監督も絵コンテ演出に参加の作画兵団がフル動員された超本気作回、最高でした!!!」「この謎だらけな感じが進撃〜! バトルも最高にド迫力だった!!」「原作通りに進んでくれるアニメがこんなに気持ちいいなんて!! もちろん2期ってことですよね」と称賛の声が上がっていた。

 アニメ2期では、作画を担当する通称“作画兵団”を率いた監督・荒木哲郎が総監督となり、新たに監督として肥塚正史を起用。シリーズ構成は小林靖子、キャラクターデザインは浅野恭司、音楽の澤野弘之らは引き続き担当する。「2期でも作画兵団が大活躍ですね!」「進撃2期は嬉しいが…作画兵団、どうかご無事で…」「作画兵団死なない程度に頑張って!(もう心配はソコだけ)」とファンの中には作画兵団の心配をし始める人々も。

 巨人と人間、そして巨人同士の戦いや、「進撃の巨人」の世界に無数に散りばめられている謎、そしてエレンや仲間たちの成長を楽しみに2017年の春を待っていよう。おそらく、作画兵団の戦いはもう始まっている―。

■TVアニメ「進撃の巨人」Season2

原作:諫山創

総監督:荒木哲郎

監督:肥塚正史

シリーズ構成:小林靖子

キャラクターデザイン:浅野恭司

音楽:澤野弘之

出演:梶裕貴、石田由依、井上麻里奈、神谷浩史、小野大輔ほか

■『進撃の巨人』19巻

著:諫山創

発売日:2016年4月8日(金)

出版社:講談社