あっという間にランキング1位 『ポケモンGO』が日本でも配信開始

写真拡大

欧米で大きな話題を呼んでいた『Pokémon GO』(ポケモンGO)が、7月22日10時過ぎに日本でもリリースされた。App Storeではあっという間に「無料アプリ総合ランキング」の1位に輝いた。

「あっという間にランキング1位 『ポケモンGO』が日本でも配信開始」の写真・リンク付きの記事はこちら

Niantic Inc.(ナイアンティック)と任天堂、株式会社ポケモンが共同開発し、世界各国で爆発的な人気を博しているスマートフォンアプリ『Pokémon GO』(ポケモンGO)の配信が、日本でもスタートした。

配信開始後、App Storeでは無料アプリ総合ランキング1位に躍り出、その人気のほどはソーシャルメディア上にも如実に表れている。朝日新聞によると、配信開始の10時過ぎからおよそ3時間で、ポケモンGOに関連する投稿数は135万件を超えた(ちなみに、SMAPの解散騒動が報じられたときの関連ツイートは1日あたり109万8563件だったという)。

日本に先駆けて配信を開始した米国では、配信開始後およそ1週間でTwitterのデイリーアクティヴユーザー数を抜き、店や観光地の集客にに貢献する一方で、強盗や不法侵入の引き金となるなど、このアプリは良くも悪くも注目を浴びている。

iOS向けにはこちらから、Google Playではこちらからダウンロードできる。

※ 下記は、7月22日現在の『Pokémon GO』関連記事一覧


・「ポケモンGO」は「よくできた出会い系アプリ」

PokemonTinderTA-1024x768

ポケモンGOはただのゲームとしてだけでなく、出会い系アプリとしても優れていると専門家はコメントしている。ポケモンGOによって新たな出会いを得た人、恋人を失った人々のツイートも紹介。(2016.07.21公開)


・「ポケモンGO」にはもう飽きた、というソーシャル上の声

aflo_SHZA064605

一足先にポケモンGOが配信された欧米では、すでにソーシャルメディアでは冷笑する空気も漂いだしている。(2016.07.21公開)
PHOTO: ZUMA PRESS / AFLO


・「ポケモンGO」と博物学──ダーウィンなら「ポケモンGO・マスター」になっていたかもしれない

hero-caterpie-1024x623

ポケモンGOのベースには「博物学の楽しさ」がある。ダーウィンは元祖オタクだったし、シリーズの生みの親である田尻智は子ども時代に「虫博士」と呼ばれていた。ポケモンGOをしている最中に出合ったリアルな動植物をカタログ化する動きも始まった。(2016.07.19公開)
PHOTOGRAPH COURTESY OF NIANTIC


・世界はなぜ「ポケモンGO」に夢中なのか、その心理学的な理由

aflo_AINA420007

ポケモンGOは、なぜここまで人気が出たのだろうか。心理学者などに聞いてみた。(2016.07.15公開)
PHOTO: SPLASH / AFLO


・「ポケモンGO」の何が人を惹きつけ、誰が迷惑しているか

CnE5yTbXYAAsoPF

ポケモンGOを集客に使う店舗が増えている一方で、ホロコースト記念博物館は来館者に対してポケモンGOを使わないように呼びかけた。画像は、ドガースがホロコースト記念博物館にいたというImgurへの投稿。現在は削除されており、合成画像だったとも推測されている。(2016.07.14公開)
PHOTO: IMGUR


『ポケモンGO』ポケモンでおびき出す「強盗事件」が発生

810

ポケモンGOの大成功で、任天堂の株価は急騰。一方で米国では、このゲームを悪用した強盗事件が発生。子どもたちもプレイする人気ゲームだからこそ、悪用されたときの被害が大きくなる心配がある。(2016.07.12公開)


『ポケモンGO』開発者語る──もうすぐぼくらは、ポケモンを現実世界でゲットできる

aflo_OWDG451550

開発を手がけるNianticのCEO、ジョン・ハンケが語るポケモンGO。(2016.06.18公開)
PHOTO: REUTERS / AFLO