ゲーム好きでも成績は下がらない!? “子どもとゲーム”調査でわかった意外な実態

写真拡大

先日、発売や公開されたばかりのゲーム「ポケモンGO」や「妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ」の話題が、ニュースをにぎわせている今日この頃。

日本でも本日「ポケモンGO」の配信が始まり、さらにゲーム熱は高まるばかり。

子どもにゲームをやらせるか、また、どれくらいやらせてもいいのか、成績に響かないか、悪影響はないかなど、心配しているパパやママもいるかもしれません。

今回は、朝日小学生新聞読者とその親に聞いた「子どものゲームとの付き合い方」に関する興味深い調査結果が発表されていましたのでご紹介します。

子どもが“高学歴・高所得”になる、親の特徴が判明! あなたはどのタイプ?

学校の話題でも「ゲーム」は人気

まずゲームが好きかという問いには、55.7%が「好きだ」、31%が「まあ好き」と回答し、合わせて、86.7%の子どもたちが「ゲームが好き」だという結果に。学校での話題についても、6割以上の子どもが学校でゲームのことが話題になるといいます。

ゲーム禁止の家庭の子はわずか4.4%。1日の平均ゲーム時間は55.9分!

ゲームを持っている小学生に「ゲームで遊ぶにはルールがあるか」と質問をしたところ、「ゲームで遊んでいいがルールや決まりがある」が88.5%と最も多く、「ルールや決まりはない」と回答したのは5.9%、「ゲームで遊んではいけない」は4.4%となりました。

具体的なルールは、「ゲームをする前に宿題をすませなくてはいけない」が61.7%、「1ヶ月や1週間、1日の中でゲームをしてよい時間が決まっている」が47.9%、「夜遅くにゲームをしてはいけない」43.5%などがあげられました。また1週間のうち平均3.1日、1日の平均ゲーム時間は55.9分となり、それぞれの家庭のルールや決まりを守りながら、ゲームを楽しんでいる様子がうかがえます。

親から見るとゲームを禁止してもOKにしても成績に差はない!

気になるゲームと成績の関係はどうなのでしょうか。

1日の宿題、勉強時間を聞いたところ、平均81.4分となりましたが、内訳としてゲームを禁止されている27人の勉強時間は平均92.2分、ゲームOKの575人の勉強時間は平均80.3分と、ゲームをしている子も80分は勉強しており、ゲームをしながらも勉強は設けていることがわかりました。

そして、親に子どもの成績を聞くと「成績がよい」という回答はゲームが禁止とされている子の親で92.6%、ゲームOKの子の親で92.5%とほぼ変わらない結果になりました。「ゲームをすると成績が下がる」と考えるパパやママも多いかもしれませんが、意外や意外、ゲームをしていてもルールを守って勉強もきちんとしていれば、成績に大きく響くことはそんなに心配しなくてもよいのかもしれません。

ゲームは勉強やコミュニケーションに役立つ!?

家族との1日の会話時間を聞いたところ、ゲーム禁止の子は71.4分、ゲームOKの子は80.5分となりました。また、「友だちや仲間が多い」という回答の中では、ゲーム禁止の子は74.1%、ゲームOKの子は80.7%と、「ゲーム」はコミュニケーションの1つのツールとなっていることが考えられます。

また、親のほぼ全員が子どもにルールを守ってゲームを楽しんでほしいと考えていることがわかりました。

ゲームをしていると時間がどんどん経ってしまうものですが、ルールを守っていれば、勉強とも両立することができます。またコミュニケーション力や集中力を高めたり、直接勉強に役立つ知識を得ることができるゲームもありますので、「ゲーム=無駄な時間」と決めつけずに、上手に取り入れて行けるとよいのかもしれませんね!